(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

AnnHotspotObjectクラス






メンバ 
アノテーションホットスポットオブジェクトを定義します。
オブジェクトモデル
構文
public class AnnHotspotObject : AnnImageObject, IAnnObjectCloneable  
'Declaration
 
Public Class AnnHotspotObject 
   Inherits AnnImageObject
   Implements IAnnObjectCloneable 
public sealed class AnnHotspotObject : IAnnObjectCloneable  
@interface LTAnnHotspotObject : LTAnnImageObject<NSCoding,NSCopying>
public class AnnHotspotObject extends AnnImageObject
function Leadtools.Annotations.Core.AnnHotspotObject()
解説

AnnHotspotObjectオブジェクトは、長方形の中に描画される拡大縮小されたピクチャとして機能するように設計されています。オーナーコンテナが設計モードであるならば、AnnHotspotObjectオブジェクトはピクチャを描画します。コンテナがランモードにあるならば、AnnHotspotObjectオブジェクトはピクチャを描画しません。

自動機能を使用して、設計モードでは、長方形は拡大縮小されたimageを格納します。ユーザーはクリックして/タップして、現行ウィンドーで長方形を指定するためにドラッグします。実行モードではオブジェクトは透明ですが、マウスポインタはオブジェクトの上に来ると手の形に変わります。

プログラム上では、以下のプロパティを使用してホットスポットオブジェクトの境界と位置を制御できます。

各々のオブジェクトは、以下のメソッドで変形されることができます:

AnnHotspotObjectクラスはAnnObjectクラスから多数のプロパティを継承します。そして、フォントのサポート、ストロークと塗りつぶし特徴を提供します。これらのプロパティは以下に記載されています:

ホットスポットオブジェクトの名前はAnnObject.Labelsプロパティを使用して制御されることができます。そして、AnnObjectクラスから継承されます。

オブジェクトはグループアノテーションオブジェクトまたはコンテナーオブジェクトの一部にすることができます。グループとコンテナの両方の一部に同時になることはできません。

その他に、以下のプロパティを使用してAnnHotspotObjectの特性をプログラムコードから設定できます。

サンプル

このサンプルはホットスポットオブジェクトを作成して、オートメーションコンテナにそれを追加します。

Copy Code  
using Leadtools.Annotations.Automation;
using Leadtools.Annotations.Core;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Annotations.WinForms;

      
public void AnnCore_AnnHotspotObject()
{
   // assumes _automation is valid
   // Create a new instance of AnnResources if the container does not already have one
   AnnResources resources = _automation.Manager.Resources;
   if (resources == null)
   {
      resources = new AnnResources();
   }
   // Get the images collection
   IList<AnnPicture> imagesResources = resources.Images;
   // Add our picture to it
   imagesResources.Add(new AnnPicture(@"ms-appx:///Assets/Hotspot.png"));
   int pictureIndex = imagesResources.Count - 1;
   double inch = 720.0;
   // Add a hotspot object
   AnnHotspotObject hotspotObj = new AnnHotspotObject();
   // Set the points for the hotspot
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointD.Create(1 * inch, 1 * inch));
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointD.Create(2 * inch, 1 * inch));
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointD.Create(2 * inch, 2 * inch));
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointD.Create(1 * inch, 2 * inch));
   // Set the picture
   hotspotObj.DefaultPicture = pictureIndex;
   // Add the object to the automation container
   _automation.Container.Children.Add(hotspotObj);
}
using Leadtools.Converters;
using Leadtools.Annotations.Automation;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Annotations.Core;
using Leadtools.Codecs;

      
public void AnnCore_AnnHotspotObject()
{
   // assumes _automation is valid
   // Create a new instance of AnnResources if the container does not already have one
   AnnResources resources = _automation.Container.Resources;
   if (resources == null)
   {
      resources = new AnnResources();
      _automation.Container.Resources = resources;
   }
   // Get the images collection
   IList<AnnPicture> imagesResources = resources.Images;
   // Add our picture to it
   imagesResources.Add(new AnnPicture(@"ms-appx:///Assets/Hotspot.png"));
   int pictureIndex = imagesResources.Count - 1;
   double inch = 720.0;
   // Add a hotspot object
   AnnHotspotObject hotspotObj = new AnnHotspotObject();
   // Set the points for the hotspot
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointDHelper.Create(1 * inch, 1 * inch));
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointDHelper.Create(2 * inch, 1 * inch));
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointDHelper.Create(2 * inch, 2 * inch));
   hotspotObj.Points.Add(LeadPointDHelper.Create(1 * inch, 2 * inch));
   // Set the picture
   hotspotObj.DefaultPicture = pictureIndex;
   // Add the object to the automation container
   _automation.Container.Children.Add(hotspotObj);
   // Select the object
   _automation.SelectObject(hotspotObj);
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnHotspotObjectメンバ
Leadtools.Annotations.Core名前空間

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能