(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

IsUserInRoleメソッド






確認するユーザー名
その型と関係するアノテーションオブジェクトを含む操作法。
指定されたユーザーには指定された操作を実行するのを許すのに十分な役割があるかどうかについて示す値を取得します。
構文
public virtual bool IsUserInRole( 
   string userName,
   AnnOperationInfoEventArgs info
)
'Declaration
 
Public Overridable Function IsUserInRole( _
   ByVal userName As String, _
   ByVal info As AnnOperationInfoEventArgs _
) As Boolean
public virtual bool IsUserInRole( 
   string userName,
   AnnOperationInfoEventArgs info
)
public boolean isUserInRole(String userName, AnnOperationInfoEvent info)
 function Leadtools.Annotations.Core.AnnGroupsRoles.IsUserInRole( 
   userName ,
   info 
)

パラメーター

userName
確認するユーザー名
情報
その型と関係するアノテーションオブジェクトを含む操作法。

戻り値

ユーザーが操作を実行できる役割を備えている場合はTrue。そうでない場合ユーザーが任意のグループで見つけられなかったかどうかを含むfalse
解説

このメソッドは、以下のように機能します:

  1. GetUserRolesは呼び出され、(このユーザーが属するグループを通して)指定されたユーザーの役割を取得します。

  2. AnnOperationInfoEventArgs.Typeは、システムの組み込まれている役割に照らしてチェックされます。たとえば、操作型がAnnOperationType.CreateObjectsであるならば、ユーザーはAnnRoles.EditまたはAnnRoles.EditAllを格納しなければなりません(編集のみの作品もしもで、userNameinfo.AnnObject.UserId.と同じです

  3. 組み込まれている役割が操作タイプに一致する場合、操作が許可されるか拒否されるかを確認できない場合、これはカスタムの役割となりGenerateRoleイベントが発生して、役割名をこの操作に使用するかどうかアプリケーションに問い合わせます。この役割は、ブール値を返すグループ役割に照らしてチェックします。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnGroupsRolesクラス
AnnGroupsRolesメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能