(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

AnnCrossProductObjectクラス






メンバ 
アノテーション交差線オブジェクトを定義します。
オブジェクトモデル
構文
public class AnnCrossProductObject : AnnPolyRulerObject, IAnnObjectCloneable  
'Declaration
 
Public Class AnnCrossProductObject 
   Inherits AnnPolyRulerObject
   Implements IAnnObjectCloneable 
public sealed class AnnCrossProductObject : IAnnObjectCloneable  
@interface LTAnnCrossProductObject : LTAnnPolyRulerObject<NSCoding,NSCopying>
public class AnnCrossProductObject extends AnnPolyRulerObject
function Leadtools.Annotations.Core.AnnCrossProductObject()
解説

交差線アノテーションオブジェクトは、直角で交差している2つのルーラーから構成されます。交差線オブジェクトの交差点ポイントは、ダイナミックに更新して、IntersectionPointプロパティから得られることができます。

自動機能の使用時には、交差線の描画はDragStartedイベントによって開始され、DragCompletedイベントによって完了します。

プログラム上では、この交差線オブジェクトを定義する点は、FirstStartPoint、FirstEndPoint、SecondStartPoint、SecondEndPointとIntersectionPointの各プロパティに格納されます。

プログラム上では、以下のプロパティを使用して交差線オブジェクトの境界と位置を制御できます。

各々のオブジェクトは、以下のメソッドで変形されることができます:

AnnCrossProductObjectクラスはAnnObjectクラスから多数のプロパティを継承します。そして、フォントのサポート、ストロークと塗りつぶし特徴を提供します。これらのプロパティは以下に記載されています:

交差線オブジェクトの名前はAnnObject.Labelsプロパティを使用して制御されることができます。そして、AnnObjectクラスから継承されます。

交差線オブジェクトが2つのルーラーから構成されるため、それにはlength、目盛とゲージに関連する特定のルーラー特徴があります。以下のプロパティは、これらのルーラー特徴をカスタマイズして、交差線オブジェクトが描画されるとき、何が正確に示されるか決定するのに用いられるかもしれません:

オブジェクトはグループアノテーションオブジェクトまたはコンテナーオブジェクトの一部にすることができます。グループとコンテナの両方の一部に同時になることはできません。

その他に、以下のプロパティを使用してAnnCrossProductObjectの特性をプログラムコードから設定できます。

サンプル

このサンプルは交差線オブジェクトを作成して、オートメーションコンテナにそれを追加します。

Copy Code  
using Leadtools.Annotations.Automation;
using Leadtools.Annotations.Core;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Annotations.WinForms;

      
public void AnnCore_AnnCrossProductObject()
{
   // assumes _automation is valid
   double inch = 720.0;
   // Add a red crossproduct object, from 1in 1in to 2in 2in
   AnnCrossProductObject crossProductObj = new AnnCrossProductObject();
   // Set the points for the first ruler
   crossProductObj.FirstStartPoint = LeadPointD.Create(1 * inch, 1 * inch);
   crossProductObj.FirstEndPoint = LeadPointD.Create(2 * inch, 2 * inch);
   // Set the points for the second ruler
   crossProductObj.SecondStartPoint = LeadPointD.Create(2 * inch, 1 * inch);
   crossProductObj.SecondEndPoint = LeadPointD.Create(1 * inch, 2 * inch);
   // Calculate the intersection point
   crossProductObj.UpdateIntersectionPoint();
   // Set the stroke
   crossProductObj.Stroke = AnnStroke.Create(AnnSolidColorBrush.Create("Red"), LeadLengthD.Create(1));
   // Add the object to the automation container
   _automation.Container.Children.Add(crossProductObj);
}
using Leadtools.Converters;
using Leadtools.Annotations.Automation;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Annotations.Core;
using Leadtools.Codecs;

      
public void AnnCore_AnnCrossProductObject()
{
   // assumes _automation is valid
   double inch = 720.0;
   // Add a red crossproduct object, from 1in 1in to 2in 2in
   AnnCrossProductObject crossProductObj = new AnnCrossProductObject();
   // Set the points for the first ruler
   crossProductObj.FirstStartPoint = LeadPointDHelper.Create(1 * inch, 1 * inch);
   crossProductObj.FirstEndPoint = LeadPointDHelper.Create(2 * inch, 2 * inch);
   // Set the points for the second ruler
   crossProductObj.SecondStartPoint = LeadPointDHelper.Create(2 * inch, 1 * inch);
   crossProductObj.SecondEndPoint = LeadPointDHelper.Create(1 * inch, 2 * inch);
   // Calculate the intersection point
   crossProductObj.UpdateIntersectionPoint();
   // Set the stroke
   crossProductObj.Stroke = AnnStroke.Create(AnnSolidColorBrush.Create("Red"), LeadLengthDHelper.Create(1));
   // Add the object to the automation container
   _automation.Container.Children.Add(crossProductObj);
   // Select the object
   _automation.SelectObject(crossProductObj);
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnCrossProductObjectメンバ
Leadtools.Annotations.Core名前空間

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能