(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

HitTestBufferプロパティ






ヒットテストのためのしきい値バッファ値を取得または設定します。
構文
public double HitTestBuffer {get; set;}
'Declaration
 
Public Property HitTestBuffer As Double
public double HitTestBuffer {get; set;}
@property (nonatomic) double hitTestBuffer;
public double getHitTestBuffer() 
public void setHitTestBuffer(double hitTestBuffer)
            
 
get_HitTestBuffer();
set_HitTestBuffer(value);
Object.defineProperty('HitTestBuffer');

属性値

ピクセル単位で、ヒットテストのためのしきい値バッファ値。デフォルト値は、37.5です。0以上の値を指定する必要があります。
解説

このプロパティは、HitTestPointHitTestRectメソッドにより用いられます。

HitTestBufferの値を使用するとテストポイントが"大きく"なるため、誤差を補ってスムーズなヒットテストを実現できます。たとえば、バッファが2であるならば、テストポイントのあたりの4つの単位のlengthによる正方形はヒットテストを実行するのに用いられます。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnContainerクラス
AnnContainerメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能