(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

DeviceDpiYプロパティ






垂直方向のデバイス解像度(DPI)を取得または設定します。
構文
public double DeviceDpiY {get; set;}
'Declaration
 
Public Property DeviceDpiY As Double
public double DeviceDpiY {get; set;}
@property (nonatomic) double deviceDpiY;
public double getDeviceDpiY()
public void setDeviceDpiY(double dpiY)
            
 
get_DeviceDpiY();
set_DeviceDpiY(value);
Object.defineProperty('DeviceDpiY');

属性値

垂直方向のデバイス解像度(DPI)。デフォルト値は、0です。
解説

この値は、アノテーションとディスプレイ座標の間でフォントサイズと固定長のとサイズ値を計算するのに用いられます。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnContainerMapperクラス
AnnContainerMapperメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能