(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

LoadTargetResolutionプロパティ






アノテーションコンテナをロードするとき、使うターゲット解像度を取得または設定します。
構文
public LeadSizeD LoadTargetResolution {get; set;}
'Declaration
 
Public Property LoadTargetResolution As LeadSizeD
public LeadSizeD LoadTargetResolution {get; set;}
@property (nonatomic) LeadSizeD loadTargetResolution;
public LeadSizeD getLoadTargetResolution()
public void setLoadTargetResolution(LeadSizeD value)
            
 
get_LoadTargetResolution();
set_LoadTargetResolution(value);
Object.defineProperty('LoadTargetResolution');

属性値

アノテーションコンテナをロードするとき、使うターゲット解像度。デフォルト値は、0,0です。
解説

LoadSourceResolutionLoadTargetResolutionLoadUseDpiは、以下のようにコンテナの解像度をマップするのに用いられることができます:

LoadSourceResolutionLoadTargetResolutionの値が0でないならば、このAnnCodecsは以下の値を用いて子AnnObjectのどれでもロードする前にロードしたAnnContainerの上でMapResolutionsを呼び出します:

LoadUseDpiの値がtrueであるならば、MapResolutionssourceDpiXsourceDpiYのための値とtargetDpiXtargetDpiYのための値としてのLoadTargetResolutionとしてLoadSourceResolutionを指定して呼び出されます。

LoadUseDpiの値がfalseであるならば、MapResolutionssourceDpiXsourceDpiYtargetDpiXtargetDpiYのための値としてLoadSourceResolutionを指定して呼び出されます。

これにより、ロードの最中にコンテナの解像度を修正できます。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnCodecsクラス
AnnCodecsメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能