(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

AnnAudioObjectクラス






メンバ 
オーディオオブジェクトを定義します。
オブジェクトモデル
構文
public class AnnAudioObject : AnnMediaObject, IAnnObjectCloneable  
'Declaration
 
Public Class AnnAudioObject 
   Inherits AnnMediaObject
   Implements IAnnObjectCloneable 
public sealed class AnnAudioObject : IAnnObjectCloneable  
@interface LTAnnAudioObject : LTAnnImageObject<NSCoding,NSCopying>
public class AnnAudioObject extends AnnMediaObject
function Leadtools.Annotations.Core.AnnAudioObject()
解説

AnnAudioObjectAnnMediaObjectオブジェクトに由来して、オーディオファイルに合わせてURLを保持するように設計されています。

オーナーコンテナが設計モードであるならば、AnnAudioObjectオブジェクトはピクチャを描画します。コンテナがランモードにあるならば、AnnAudioObjectオブジェクトはピクチャを描画しません、代わりに、オートメーションフレームワークは媒体管理を作成して、それにURLを再生しようとしもするか、直接それも再生します(メディアファイルの型に依存する)。

自動機能を使用して、設計モードでは、長方形は拡大縮小されたimageを格納します。ユーザーはクリックして/タップして、現行ウィンドーで長方形を指定するためにドラッグします。

プログラム上では、以下のプロパティを使用してオーディオオブジェクトの境界と位置を制御できます。

各々のオブジェクトは、以下のメソッドで変形されることができます:

AnnAudioObjectクラスはAnnObjectクラスから多数のプロパティを継承します。そして、フォントのサポート、ストロークと塗りつぶし特徴を提供します。これらのプロパティは以下に記載されています:

音声オブジェクトの名前はAnnObject.Labelsプロパティを使用して制御されることができます。そして、AnnObjectクラスから継承されます。

オブジェクトはグループアノテーションオブジェクトまたはコンテナーオブジェクトの一部にすることができます。グループとコンテナの両方の一部に同時になることはできません。

その他に、以下のプロパティを使用してAnnAudioObjectの特性をプログラムコードから設定できます。

サンプル
Copy Code  
using Leadtools.Annotations.Automation;
using Leadtools.Annotations.Core;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Annotations.WinForms;

      
public void AnnCore_AnnAudioObject()
{
   // assumes _automation is valid
   double inch = 720.0;
   // Add a Audio object
   AnnAudioObject audioObj = new AnnAudioObject();
   // Set the points for the AnnAudioObject
   audioObj.Points.Add(LeadPointD.Create(1 * inch, 1 * inch));
   audioObj.Points.Add(LeadPointD.Create(2 * inch, 1 * inch));
   audioObj.Points.Add(LeadPointD.Create(2 * inch, 2 * inch));
   audioObj.Points.Add(LeadPointD.Create(1 * inch, 2 * inch));
   // create the AnnMedia with a source to the media to play
   AnnMedia media = new AnnMedia();
   //Replace the source with your audio file to be played on click
   media.Source1 = "ms-appx:///Audio/TestAudio.mp3";
   audioObj.Media = media;
   // Add the object to the automation container
   _automation.Container.Children.Add(audioObj);
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnAudioObjectメンバ
Leadtools.Annotations.Core名前空間

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能