(Leadtools.Annotations.Automation)

フレームを表示

Undoメソッド






このAnnAutomationで実行される最後の操作を翻します。
構文
public virtual void Undo()
'Declaration
 
Public Overridable Sub Undo() 
public virtual void Undo()
-(void) undo;
public void undo()
 function Leadtools.Annotations.Automation.AnnAutomation.Undo()
解説

CanUndoプロパティがtrue返るならば、このメソッドはこのAnnAutomationで実行される最後の操作を元に戻します。

UndoCapacityプロパティを使って、Undoメソッドを使って反転するか、Redoメソッドを使って再度適用できるユーザーアクションの数を取得または設定します。UndoCapacityプロパティのデフォルトのアクション数は10です。

オートメーション操作の取り消しまたはやり直しに関する情報は、「アノテーションの自動操作の取り消し」を参照してください。

サンプル

サンプルのために、参照しますBeginUndo

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnAutomationクラス
AnnAutomationメンバ

  Leadtools.Annotations.Automationは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能