LEADTOOLS Medical(Leadtools.Medical3Dアセンブリ)

フレームを表示

Medical3DObjectクラスメンバー

フレームを表示
プロパティ  メソッド 





以下の表は、Medical3DObjectによって公開されるメンバを示します。

パブリックコンストラクタ
 名前説明
Medical3DObject Constructorオーバーロードされます。   
パブリックプロパティ
 名前説明
BoundaryBoxColor3Dオブジェクト境界ボックスのカラーを取得または設定します。  
ClippingBoundaryBoxColorクリッピング面と境界ボックスの間で交差点から生じているポリゴンのカラーを取得または設定します。  
ClippingPlanesColor3Dオブジェクトクリッピング面のカラーを取得または設定します。  
ColorMapマップが3Dにするのに用いられるカラーオブジェクトを設定します。  
EnableBoundaryBox3Dオブジェクトの境界ボックスを示すべきかどうかについて示す値を取得または設定します。  
EnableClippingBoundaryBox3Dオブジェクトのクリッピング境界ボックスを示すべきかどうかについて示す値を取得または設定します。  
EnableClippingPlanes3Dオブジェクトのクリッピングプレーンを示すべきかどうかについて示す値を取得または設定します。  
EnableThresholdingしきい値処理機能を有効または無効にするべきかどうかについて示す値を取得または設定します。  
FrameOfReferenceUIDこの3Dを作成するのに用いられたDICOMファイルのIDを示す値オブジェクトを取得または設定します。  
Histogram3Dのグレースケールヒストグラムオブジェクトを取得します。  
Image3Dを提出するのに用いられるimageオブジェクトを取得または設定します。  
ImageOrientationimageの向きを取得または設定します。  
LowerThreshold低いしきい値を取得または設定します。  
MaximumValueこの3Dのために許可する最大の明度値オブジェクトを取得します。  
MinimumValueこの3Dのために許可する最小限の明度値オブジェクトを取得します。  
MissingFramesFillType3Dボリュームでなくなったフレームを塗りつぶすのに用いられるメソッドを取得または設定します。  
MPRMPRを使用して技術を提出するとき、この3Dオブジェクトの上で適用される情報、プロパティとメソッドを格納するクラスを取得します。  
Opacity3Dの不透明度値(透明度)オブジェクトを取得または設定します。  
Palette3Dを生成するのに用いられるカラーパレットオブジェクトを取得または設定します。  
PixelSpacing水平と垂直方向の2連続ピクセルの間で、ミリメートルで距離lengthを取得または設定します。  
Planesそれが提出されるとき、3Dオブジェクトをクリップするのに用いられるクリッピングプレーン配列を取得します。  
RemoveIntervalしきい値処理動作を指定する列挙体値を取得または設定します  
Scale3Dのscaleオブジェクトを取得または設定します。  
Slabスラブ値を格納するクラスを取得または設定します。  
SSDSSDを用いて技術を提出するとき、この3Dオブジェクトに適用される情報、プロパティとメソッドを格納するクラスを取得します。  
UpperThreshold上のしきい値を取得または設定します。  
WindowLevelProperties3Dのウィンドウ-レベリングを制御する情報とプロパティを格納しているクラスオブジェクトを取得します。  
XOffset横軸でオブジェクトのオフセットを表す値を取得または設定します。  
XRotation横軸のまわりで回転角を取得します。  
XScale横軸でオブジェクトのscaleを表す値を取得または設定します。  
YOffsety軸でオブジェクトのオフセットを表す値を取得または設定します。  
YRotationy軸のまわりで回転角を取得します。  
YScaley軸でオブジェクトのscaleを表す値を取得または設定します。  
ZOffsetz軸でオブジェクトのオフセットを表す値を取得または設定します。  
ZRotationz軸のまわりで回転角を取得します。  
ZScalez軸でオブジェクトのscaleを表す値を取得または設定します。  
パブリックメソッド
 名前説明
GetMPRInformation指定された型とインデックスでMPR imageを返します。  
GetRendered3DObjectimageとして3Dオブジェクトの提出されたビューを返します。  
HitTest指定されたpositionから面のインデックスを取得します。  
LoadObjectFromFile生のデータオブジェクトをファイルからロードします。  
LoadStateオブジェクトステータスをファイルからロードします。  
MemoryEfficientCancelこのメソッドは、メモリ効率的な船舶搭載方式をキャンセルします。  
MemoryEfficientEndオーバーロードされます。それを表示を用意して、3dのオブジェクト生成プロセスを終えます。  
MemoryEfficientInit指定された寸法がある空のオブジェクトを作成します。  
MemoryEfficientSetFrameオーバーロードされます。指定されたLeadtools.RasterImageからデータで3Dオブジェクトを塗りつぶします。  
ResetPosition3Dのpositionが反対する(0、0、0)リセット。  
ResetRotation3Dオブジェクトの回転がそうする(0、0、0)リセット。  
ResetScale3Dのscaleオブジェクトをリセットします。  
ResetThresholdValues元の値(0、255)に、しきい値プロパティをリセットします。  
RotateX横軸で指定された量によってコンテナで3Dオブジェクトを回転させます。  
RotateXYZ横軸、y軸とz軸で指定された総計によってコンテナで3Dオブジェクトを回転させます。  
RotateYy軸で指定された量だけコンテナで3Dオブジェクトを回転させます。  
RotateZz軸で指定された量だけコンテナで3Dオブジェクトを回転させます。  
SaveObjectToFile生データとしてファイルにオブジェクトを保存します。  
SaveStateファイルにオブジェクトステータスを保存します。  
ScaleX横軸で指定された量だけコンテナで3Dオブジェクトを拡大縮小します。  
ScaleXYZオーバーロードされます。任意の方向で指定された量によってコンテナで3Dオブジェクトを拡大縮小します。  
ScaleYy軸で指定された量によってコンテナで3Dオブジェクトを拡大縮小します。  
ScaleZz軸で指定された量によってコンテナで3Dオブジェクトを拡大縮小します。  
SetImage3Dオブジェクトを提出するのに用いられるimageを設定して、それからimageを開放します。  
Translate任意の指定された軸で指定された量によってコンテナで3Dオブジェクトを変換します。  
TranslateX横軸で指定された量によって3Dオブジェクトを変換します。  
TranslateYy軸で指定された量によって3Dオブジェクトを変換します。  
TranslateZz軸で指定された量によって3Dオブジェクトを変換します。  
参照

参照

Medical3DObjectクラス
Leadtools.Medical3D名前空間

   Leadtools.Medical3Dは、Medicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能