フレームを表示

ESRIシェイプ形式(SHP)

フレームを表示

LEADTOOLS Vector Imaging Proツールキットは、強力な二次元で三次元ビューワ、エディタと他のベクトルとラスター画像形式とともにSHPをサポートするコンバータを作成するために必要とするすべてを含みます。これは、SHPをフォーマット化されたベクトルオブジェクトを作成したオリジナルのアプリケーションをインストールするか、認可する必要を除いて、特定のニーズのために機能性だけを含むことができます。  

Vector Imaging Proを用いて、そうすることができます:

ESRIシェイプ形式は、環境システム研究所によって作成されるベクトル形式です。SHPファイルは、ポイント、マルチポイント、ポリゴン、ポリラインとマルチパッチをサポートすることができます。このファイルフォーマットには、非常により高速スケッチ速度と他のデータ送信側より多くの編集機能があります。それは、ARCエクスプローラ2.0とARCViewによってサポートされます。

このファイルフォーマットは、3つのファイルを格納します:

主ファイル:*.shp

インデックスファイル:*.shx

DBaseファイル:*.dbf

このファイルフォーマットは、Imaging Proツールキットでサポートされません。

この形式で使用されるデフォルト拡張子:SHP。

このファイルフォーマットは、レイヤ、グループ化オブジェクトまたは埋め込まれたラスターオブジェクトをサポートしません。

LEADTOOLSは、ラスター画像、ベクトルimageまたはSVG(Scalable Vector Graphics)ドキュメントとしてこの形式をロードすることをサポートします。

このファイルフォーマットに関連づけられるファイル定数は、以下の通りです。

Constant

読み込み

書き込みサポート

説明

FILE_SHP

はい

はい

[255] ESRIは、環境システム研究所を形づくります。

SHPファイルがラスタライズされるとき、24 BPPです。

以下のテーブルは、LEADがどのオブジェクトをロードすることができるか、そして、それがどのオブジェクトを保存することができるか示します:

Object:

ロード:

保存:

PolyDraw

サポートされます

サポートされていません

ポリライン

サポートされます

サポートされます

Vertex

サポートされます

サポートされていません

必須のDLL:LFSHP.ツールキットバージョンに基づいた必要なDLLのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

関連した形式:CGM-コンピュータグラフィックスメタファイルCMX)-Corel Presentation Exchange形式DGN)-Intergraph形式DRW)-MicrografxデザイナーDRaWingDWF)-DWF形式DWG)-DWG形式DXF)-Drawing Interchange形式EMF-Windowsメタファイル形式GBR)-Gerber形式PCL)-Printer Command Language形式PCT)-Macintosh Pict形式PDF)-Portable Document FormatPLT)-PLT/HPGL形式PS)-PostScript文書形式RTF)-リッチテキストフォーマットSVG)-Scalable Vector Graphics形式VEC)-LEADTOOLS、Vectorダンプ形式WindowsメタファイルがフォーマットするVPG ― WordPerfect Vector形式(WMF) ― WMZ-圧縮Windowsメタファイル形式E00)-ArcInfo Interchange File形式MIF)-MapInfo Interchange File形式

プラットホーム

Win32 x 64