フレームを表示

RAKEREMOVE

フレームを表示

typedef struct _RAKEREMOVE
{
   L_INT nMinLength;
   L_INT nMaxWidth;
   L_INT nMinWallHeight;
   L_INT nMaxWallPercent;
   L_INT nMaxSideteethLength;
   L_INT nMaxMidteethLength;
   L_INT nTeethSpacing;
   L_INT nGaps;
   L_INT nVariance;
} RAKEREMOVE, * pRAKEREMOVE;

RAKEREMOVE構造体は、レーキ除去情報をL_RakeRemoveBitmap関数に提供します。

メンバ

説明

nMinLengthな

除去のためにみなされるレーキの最小長。このlengthが削除されないより少ないものをかき集めます。

nMaxWidthな

Maximumは、除去のためにみなされるレーキの幅を平均化します。平均幅でよりすばらしいレーキは、削除されません。

nMinWallHeight

ウォールの高さ。ウォールは、レーキのみなされる部分であるにはあまりに広いレーキのスライスです。ウォールの例は、レーキが渡す文字と特に数字を含みます。imageが文字または数字(等しいnMinWallHeightを課されるか、nMaxWidthであるより少し大きい)を通して渡すレーキを格納するならば。

nMaxWallPercent

許可するウォールスライス(レーキの全長の1パーセントとして表される)の最大数。レーキは、ウォールスライスと非ウォールスライス(nMinWallHeightに言及します)から構成されます。このフィールドは、許可するウォールスライス(レーキの全長の1パーセントとして表される)のその最大数を指定します。nMaxWallPercentであるより、大きい1ウォールパーセントを持っているレーキは、削除されません。

nMaxSideteethLengthな

レーキの両端に存在する横の構造体の最大length(または高さ)。nMaxSideteethLengthの値より大きなlengthの横の歯があるレーキは、削除されません。

nMaxMidteethLengthな

レーキで数字スペースを切り離す半ばの構造体の最大length(または高さ)。nMaxMidteethLengthの値が削除されないより大きなlengthの構造体(歯)を切り離している中央があるレーキ。

nTeethSpacingすること

中央の歯の間の分離(ピクセル単位で)の平均的スペース。通常、最適合致は5ピクセル以上であることになっています。

nGaps

レーキの中断または穴の最大長。実用のために、より小さな値を使うことは、より良好結果を与えます。

nVariance

レーキの主な行を構築する隣接した行スライスの間で許容される幅変更の量。

コメント

L_RakeRemoveBitmapのパフォーマンスを微調整するために、nMinWallHeightのサイズを変える必要があります。そして、nMaxWallPercentで、nMaxSideteethLengthで、nMaxMidteethLengthです。nGapsとnVarianceのよりすばらしい調整は、正確な結果をもたらします。nTeethSpacingすることへのパス大きな値は、関数をより高速にします。

この構造体は、以下の関数により用いられます:

L_RakeRemoveBitmap