フレームを表示

LEADZONE

フレームを表示

typedef struct _LEADZONE
{
   L_UINT uStructSize;
   L_UINT uIndex;
   L_UINT uZoneType;
   RECT rcLocation;
   L_VOID * pZoneData;
} LEADZONE, *pLEADZONE;

LEADZONE構造体は、L_AutoZoneBitmap関数によって検出されるゾーンに関する情報を提供します。

メンバ

説明

uStructSize

この構造体のサイズ(バイト単位)。バージョニング用。この値を計算するために、マクロsizeof()を使います。

uIndex

ゾーンのゼロベースのインデックス。

uZoneType

ゾーンを決定する値型。設定可能な値は、以下の通りです。

 

意味

 

LEAD_ZONE_TYPE_TEXT

[0x0000]、ゾーンは型テキストです。

 

LEAD_ZONE_TYPE_GRAPHIC

[0x0001]、ゾーンは型グラフィックです。

 

LEAD_ZONE_TYPE_TABLE

[0x0002]、ゾーンは型テーブルです。

rcLocation

ゾーンをはずませる長方形。

pZoneData

ゾーンについての拡張データ。ゾーン型がテーブルであるという(pTABLEZONE)もしも場合に、これをキャストしなければなりません;そして、(pTEXTZONE)もしも場合にとって、ゾーン型は、テキストです。

コメント

この構造体は、以下の関数により用いられます:

L_AutoZoneBitmap