フレームを表示

L_StartFastMagicWandEngine

フレームを表示

#include "l_bitmap.h"

L_LTIMGCOR_API L_INT EXT_FUNCTION L_StartFastMagicWandEnginepMagicWnd、LeadBitmap、uFlags

MAGICWANDHANDLE * pMagicWnd;

/* マジックワンドハンドルへのポインター*/

pBITMAPHANDLE LeadBitmap;

/* ビットマップへのポインター*/

L_UINT32 uFlags;

/* フラグ*/

高速マジックワンドエンジンを開始します。

パラメーター

説明

pMagicWnd

MAGICWANDHANDLEへのポインター。このハンドルは、高速マジックワンド操作で使われるために必要です。

LeadBitmap

高速マジックワンド操作を実行するビットマップを参照文に引用しているビットマップハンドルへのポインター。

uFlags

今後使うため確保されます。0でなければなりません。

戻り値

SUCCESS

関数は成功しました。

<1

エラーが発生しました。リターンコードを参照してください

コメント

L_StartFastMagicWandEngine関数L_FastMagicWandを呼び出す前に呼び出されなければなりません、そして、L_EndFastMagicWandEngineは機能します。

MAGICWANDHANDLEへのハンドルがもはや必要でないとき、それはL_EndFastMagicWandEngineを呼び出すことによって開放されなければなりません。L_StartFastMagicWandEngineを呼び出すたびに、L_EndFastMagicWandEngineが呼び出されます。

この関数は、1、8と24-ビットイメージをサポートします。

この関数は、32ビットグレースケールイメージをサポートしません。32ビットグレースケールimageがこの関数に渡されるならば、それはエラーコードERROR_GRAY32_UNSUPPORTEDを返します。

必須のDLLとライブラリ

LTIMGCOR

ツールキットバージョンに基づいた正確なDLLとライブラリのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

プラットホーム

Win32、x64、Linux

参照

関数:

L_DeleteObjectInfo, L_EndFastMagicWandEngine, L_FastMagicWand, L_ObjectCounter, L_SetBitmapRgnMagicWand

トピック:

ラスター画像は機能します:画像解析

 

画像の処理

サンプル

サンプルのために、参照しますL_FastMagicWand