フレームを表示

L_ReadFileGeoKeys

フレームを表示

#include "l_bitmap.h"

L_LTFIL_API L_INT L_ReadFileGeoKeyspszFile、uFlags、puTagCount、ppTags、puDataSize、ppData、pLoadOptions)

L_TCHAR * pszFile;

/* 入力ファイル名*/

L_UINT uFlags;

/* 制御フラグ*/

L_UINT * puTagCount;

/* 見つけられる多くのジオキー*/

pLEADFILETAG* ppTags;

/* 配列ジオキーデータ*/

L_SIZE_T* puDataSize;

/* ジオキーデータの全体的なサイズ*/

L_UCHAR** ppData;

/* 全体的なジオキーデータ*/

pLOADFILEOPTION pLoadOptions;

/* オプションの拡張ロードオプションへのポインター*/

ファイルで保存されるすべてのTIFFジオキーを取得します。

パラメーター

説明

pszFile

入力ファイル名を格納する文字列。

uFlags

タグ全体的なデータを読むべきかどうかについて決定するフラグ。ビットごとのORを用いて適切なとき、値を結合することができます( | ):

 

フラグ

意味

 

READFILEMETADATA_NOMEMORY

[0x01]、タグ全体的なデータを読みません。このフラグが設定されるならば、puDataSizeとppDataが使われません、そして、関数はジオキーオーバーオールデータを読みません。

puTagCount

ファイルで見つけられるジオキーの数で更新される変数のアドレス。

ppTags

pLEADEADFILETAG構造体の配列へのポインター。配列の各々の要素は、ファイルで見つけられる1ジオキーフィールドのために、データを格納します。ppGeoKeysの要素数は、puGeoKeyCountです。この配列がもはや必要でないとき、割り当てられたメモリを開放するために、L_FreeFileTags関数にそれを渡します。

puDataSize

全体的なジオキーフィールドデータのバイトでサイズで更新される変数のアドレス。

ppData

全体的なジオキーフィールドデータへのポインターで更新される変数のアドレス。バイトのこのポインターのサイズは、puDataSizeです。見つけられる各々のLEADEADFILETAG項目は、この項目のためのデータがppDataで保存されるところに、オフセットを格納します。

pLoadOptions

オプションの拡張ロードオプションへのポインター。デフォルトのロードオプションを使うために、NULLを渡します。

戻り値

SUCCESS

関数は成功しました。

<1

エラーが発生しました。リターンコードを参照してください

コメント

L_FreeFileTags関数を用いてこの関数で割り当てられるデータを開放しなければなりません。

TIFFタグについての一般情報については、TIFFコメントとタグの実装を参照します。

必須のDLLとライブラリ

LTFIL

ツールキットバージョンに基づいた正確なDLLとライブラリのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

プラットホーム

Win32、x64、Linux

参照

関数:

L_SetGeoKey, L_GetGeoKey, L_ReadFileGeoKey, L_FreeFileTags

トピック:

TIFFコメントとタグの実装

 

GeoKeyの実装(GeoTIFFタグ)

サンプル

短いサンプルのために、L_ReadFileTagsを参照します。