フレームを表示

L_ReadFileComments

フレームを表示

#include "l_bitmap.h"

L_LTFIL_API L_INT L_ReadFileCommentspszFile、uFlags、puCommentCount、ppComments、puDataSize、ppData、pLoadOptions

L_TCHAR * pszFile;

/* 入力ファイル名*/

L_UINT uFlags;

/* 制御フラグ*/

L_UINT* puCommentCount;

/* 見つけられるコメントの数で更新されるaddress of the variable */

pLEADFILECOMMENT * ppComments;

/* コメントデータのための変数のアドレス*/

L_SIZE_T* puDataSize;

/* コメントデータの全体的なサイズで更新される変数のアドレス*/

L_UCHAR** ppData;

/* 全体的なコメントデータで更新される変数のアドレス*/

pLOADFILEOPTION pLoadOptions;

/* オプションの拡張ロードオプションへのポインター*/

ファイルで保存されるすべてのコメントフィールドを取得します。

パラメーター

説明

pszFile

入力ファイル名を格納する文字列。

uFlags

タグ全体的なデータを読むべきかどうかについて決定するフラグ。ビットごとのORを用いて適切なとき、値を結合することができます( | ):

 

フラグ

意味

 

READFILEMETADATA_NOMEMORY

[0x01]、タグ全体的なデータを読みません。このフラグが設定されるならば、puDataSizeとppDataが使われません、そして、関数はコメント全体的なデータを読みません。

puCommentCount

ファイルで見つけられるコメントの数で更新される変数のアドレス。

ppComments

LEADFILECOMMENT構造体の配列へのポインター。配列の各々の要素は、ファイルで見つけられる1つのコメントフィールドのために、データを格納します。ppCommentsの要素数は、puCommentCountです。この配列がもはや必要でないとき、割り当てられたメモリを開放するために、L_FreeFileComments関数にそれを渡します。

puDataSize

全体的なコメントフィールドのデータのバイトでサイズで更新される変数のアドレス。

ppData

全体的なコメントフィールドデータへのポインターで更新される変数のアドレス。バイトのこのポインターのサイズは、puDataSizeです。見つけられる各々のLEADFILECOMMENT項目は、この項目のためのデータがppDataで保存されるところに、オフセットを格納します。

pLoadOptions

オプションの拡張ロードオプションへのポインター。デフォルトのロードオプションを使うために、NULLを渡します。

戻り値

SUCCESS

関数は成功しました。

<1

エラーが発生しました。リターンコードを参照してください

コメント

L_FreeFileComments関数を用いてこの関数で割り当てられるデータを開放しなければなりません。

エラーがすべてのファイルコメントを読む際に発生するならば、コメントは返されません、そして、ユーザーはファイルで有効なメタデータを見つけるために責任があります。

TIFFタグについての一般情報については、TIFFコメントとタグの実装を参照します。

必須のDLLとライブラリ

LTFIL

ツールキットバージョンに基づいた正確なDLLとライブラリのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

ラットホーム

Win32、x64、Linux

参照

関数:

L_SetComment, L_DeleteComment, L_GetComment, L_ReadFileComment, L_FreeFileComments

トピック:

TIFFコメントとタグの実装

サンプル

短いサンプルのために、L_ReadFileTagsを参照します。