フレームを表示

L_FreeZoneData

フレームを表示

#include "l_bitmap.h"

L_LTIMGCOR_API L_INT EXT_FUNCTION L_FreeZoneDatahZones、nCount

pLEADZONE hZones;

/* 検出したゾーンハンドル*/

L_INT nCount;

/* 多くの検出したゾーン*/

hZonesによって参照文に引用される検出したゾーンに関連づけられるすべてのメモリを開放します。

パラメーター

説明

hZones

検出したゾーンのハンドル。この操作機能は、L_AutoZoneBitmapによってアップデートされます。

nCount

検出したゾーンの数。

戻り値

SUCCESS

関数は成功しました。

<1

エラーが発生しました。リターンコードを参照してください

コメント

この関数は、中古のメモリを開放するためにL_AutoZoneBitmapを呼び出した後に呼び出されなければなりません。

必須のDLLとライブラリ

LTIMGCOR

ツールキットバージョンに基づいた正確なDLLとライブラリのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

プラットホーム

Win32、x64、Linux

参照

関数:

L_AutoZoneBitmap

トピック:

ラスター画像は機能します:Document Imaging

 

ラスター画像は機能します:画像の処理

 

画像の処理

サンプル

サンプルのために、参照しますL_AutoZoneBitmap