フレームを表示

L_FreeFileTags

フレームを表示

#include "l_bitmap.h"

L_LTFIL_API L_INT L_FreeFileTags(uTagCount、pTags、uDataSize、pData)

L_UINT uTagCount;

/* 見つけられる多くのタグ*/

pLEADFILETAG pTags;

/* タグデータ*/

L_SIZE_T uDataSize;

/* タグデータの全体的なサイズ*/

L_UCHAR * pData;

/* 全体的なタグデータ*/

L_ReadFileTagsまたはL_ReadFileGeoKeys関数を呼び出すことによって割り当てられるデータを開放します。

パラメーター

説明

uTagCount

タグの数またはファイルで見つけられるジオキー。

pTags

LEADFILETAG構造体の配列へのポインター。配列の各々の要素は、ファイルで見つけられる1つのタグまたはジオキーのためにデータを格納します。pTagsの要素数は、uTagCountです。

uDataSize

全体的なタグまたはキーのバイトのサイズは、データに鍵をかけます。

pData

全体的なタグまたはジオキーデータへのポインター。バイトのこのポインターのサイズは、uDataSizeです。見つけられる各々のLEADFILETAG項目は、この項目のためのデータがpDataで保存されるところに、オフセットを格納します。

戻り値

SUCCESS

関数は成功しました。

<1

エラーが発生しました。リターンコードを参照してください

コメント

TIFFタグについての一般情報については、TIFFコメントとタグの実装を参照します。

必須のDLLとライブラリ

LTFIL

ツールキットバージョンに基づいた正確なDLLとライブラリのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

プラットホーム

Win32、x64、Linux。

参照

関数:

L_SetTag, L_GetTag, L_ReadFileTags, L_SetGeoKey, L_GetGeoKey, L_ReadFileGeoKeys

トピック:

TIFFコメントとタグの実装

サンプル

短いサンプルのために、L_ReadFileTagsを参照します。