フレームを表示

L_DocWriterInit

フレームを表示

#include "l_bitmap.h"

L_LTDOCWRT_API L_INT EXT_FUNCTION L_DocWriterInitphDocument、pszFileName、形式、pDocOptions、pfnStatusCallback、pUserData

DOCUMENTWRITER_HANDLE * phDocument;

/* PDF文書ハンドルへのポインター*/

L_WCHAR * pszFileName;

/* 出力ファイルへの名前とパス*/

DOCWRTFORMAT形式;

/* 出力ファイルのためのファイルフォーマット*/

L_VOID* pDocOptions;

/* ドキュメントオプション構造体へのポインター*/

STATUSCALLBACK pfnStatusCallback;

/* オプションのコールバック関数*/

L_VOID * pUserData;

/* 利用者データへのポインター*/

文書ファイルを作成するために、ドキュメントライタを初期化します。

パラメーター

説明

phDocument

作成する文書ファイルを参照文に引用するドキュメントハンドルへのポインター。

pszFileName

保存する(出力ファイル)ためにファイルに名前とパスを格納している文字列。

形式

出力ファイルの形式。設定可能な値は、以下の通りです。

 

意味

 

DOCUMENTFORMAT_LTD

[0] LEAD一時的なドキュメント(LTD)

 

DOCUMENTFORMAT_PDF

[1] PDF形式(PDF)

 

DOCUMENTFORMAT_DOC

[2] MS Word文書形式(doc)

 

DOCUMENTFORMAT_RTF

[3] リッチテキスト文書形式(RTF)

 

DOCUMENTFORMAT_HTM

[4] ハイパーテキストマークアップランゲージ文書形式(html)

 

DOCUMENTFORMAT_TXT

[5] テキストファイル形式(Txt)

 

DOCUMENTFORMAT_EMF

[6] 拡張メタファイル形式(EMF)

 

DOCUMENTFORMAT_XPS

[7] Microsoft XML Paper Specification形式(XPS)

 

DOCUMENTFORMAT_DOCX

[8] Microsoft Word文書形式(docx)

 

DOCUMENTFORMAT_XLS

[9] MS-Excel文書形式(Xls)

pDocOptions

Documentオブジェクト構造体へのポインター。設定可能な値は、以下の通りです。

 

DOCWRTLTDOPTIONS/*LEAD形式options*/

 

DOCWRTEMFOPTIONS/*EMF形式options*/

 

DOCWRTTXTOPTIONS/*Text形式options*/

 

DOCWRTPDFOPTIONS/*PDF形式options*/

 

DOCWRTDOCOPTIONS/*Doc形式options*/

 

DOCWRTRTFOPTIONS/*RTF形式options*/

 

DOCWRTHTMOPTIONS/*Html形式options*/

 

DOCWRTXPSOPTIONS/*XPS形式options*/

 

DOCWRTDOCXOPTIONS/*DocX形式オプション*/

 

DOCWRTXLSOPTIONS/*Microsoft Excel 97-2003表計算ソフト形式(XLS)*/

pfnStatusCallback

オプションのコールバック関数へのポインターは、ジョブの進捗に続きました。

 

コールバック関数を提供しないならば、このパラメーターの値としてNULLを使います。

 

コールバック関数を提供するならば、このパラメーターの値として関数ポインターを使用します。

pUserData

コールバック関数が必要とする一つ以上の追加のパラメータを渡すために使用することができるポインター。

戻り値

SUCCESS

関数は成功しました。

<1

エラーが発生しました。リターンコードを参照してください

コメント

他のどのドキュメントライタも呼び出すことが機能する前に、L_DocWriterInitを呼び出します。

この関数は、進捗コールバック関数も設定します。

必須のDLLとライブラリ

LtDocWrt_u.dll、LtDocWrt_x.dll
LTDocWrtEmf_u.dll、LTDocWrtEmf_x.dll
LTDocWrtTtf_u.dll、LTDocWrtTtf_x.dll
LTDocWrtPdf_u.dll、LTDocWrtPdf_x.dll
LTDocWrtDoc_u.dll、LTDocWrtDoc_x.dll
LTDocWrtRtf_u.dll、LTDocWrtRtf_x.dll
LTDocWrtHtm_u.dll、LTDocWrtHtm_x.dll
LTDocWrtTxt_u.dll、LTDocWrtTxt_x.dll
LTDocWrtXls_u.dll、LTDocWrtXls_x.dll
LTDocWrtDocx_u.dll、LTDocWrtDocx_x.dll
LTDocWrtXps_u.dll、LTDocWrtXps_x.dll
LtFil_u.dll、LtFil_x.dll
LfJb2_u.dll、LfJb2_x.dll
Lfcmp_u.dll、Lfcmp_x.dll
Lftif_u.dll、Lftif_x.dll
Lfraw_u.dll、Lfraw_x.dll
Lfbmp_u.dll、Lfbmp_x.dll
Lfpng_u.dll、Lfpng_x.dll
ツールキットバージョンに基づいた正確なDLLとライブラリのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

プラットホーム

Win32 x 64

参照

関数:

L_DocWriterAddPage, L_DocWriterFinish

トピック:

さまざまなファイル形式を持つ文書の作成

 

ラスター画像は機能します:ドキュメントライタ

サンプル

このサンプルは、作成される黒いhtmlページに、emfページを追加します。

#define MAKE_IMAGE_PATH(pFileName) TEXT("C:\\Users\\Public\\Documents\\LEADTOOLS Images\\")pFileName


L_LTDOCWRTTEX_API L_INT L_DocWriterInitExample(L_VOID)
{
   DOCWRTEMFPAGE Page;
   L_INT nRet=0;
   DOCWRTHTMOPTIONS html;
   DOCUMENTWRITER_HANDLE hDocument;
      
   memset(&html, 0, sizeof(DOCWRTHTMOPTIONS));
   memset(&Page, 0, sizeof(DOCWRTEMFPAGE));
   
   html.Options.uStructSize = sizeof(html);
   html.Type = DOCWRTHTMTYPE_IECOMPATIBLE;
   html.FontEmbed = DOCWRTFONTEMBED_ALL;
   html.bUseBackgroundColor = TRUE;
   html.rgbBackground = RGB(0x00, 0x00, 0x00);

   nRet = L_DocWriterInit( &hDocument, 
                           MAKE_IMAGE_PATH(TEXT("Output.html")), 
                           DOCUMENTFORMAT_HTM, 
                           &html, 
                           NULL, 
                           NULL );
   if(nRet != SUCCESS)
      return nRet;

   Page.hEmf = GetEnhMetaFile(MAKE_IMAGE_PATH(TEXT("Ocr1.emf")));

   nRet = L_DocWriterAddPage( hDocument, DOCWRTPAGETYPE_EMF, (L_VOID*)&Page);
   if(nRet != SUCCESS)
      return nRet;

   nRet = L_DocWriterFinish( hDocument );
   if(nRet != SUCCESS)
      return nRet;

   return SUCCESS;
}