フレームを表示

AFP形式(AFP/PTOCA/IM1)

フレームを表示

AFP(拡張機能表現)形式は、IBMのドキュメント画像処理システムの一部です。それはラスター形式です。そして、財政状態(小売、保険と他の産業)で印刷アプリケーションのためにドキュメントに拡張フォーマッティングとインデクシング能力を追加するために作成されます。LEADは、MODCA/PTOCAまたはAFP/PTOCA文書をユーザーが開くことをサポートします。

この形式で使用されるデフォルト拡張子:AFP。

このファイルフォーマットはスタンプまたはロスレスJPEG圧縮をサポートしません、しかし、それは複数ページのファイルをサポートします。

LEADTOOLSは、開かれた画像ファイルのためにDPIを設定させる関数をサポートします。「PTKオプション関数」を参照してください。

このファイルフォーマットに関連づけられるファイル定数は、以下の通りです。

Constant

読み込み

書き込みサポート

説明

FILE_AFP

24 BPP

None

[252] この形式がそうであるIBMは、IBMのドキュメント画像処理システムの開きます。

FILE_AFP_IM1

1 BPP

None

[340] IM1は、AFPを展開しました。

必須のDLL:IM1のためのAFP/PTOCA、LFAFPLFRAWのためのLFAFP。ツールキットバージョンに基づいた必要なDLLのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

現時点では、AFP/PTOCAのために、LEADはAFPファイルを保存しません、しかし、これらのファイルはIOCAに保存されることができます。

関連した形式:FAX-Rawが、形式ICA ― Image Object Content Architecture(IOCA/MODCA)(PTK))をファックスします、PTOCA形式TIFF-タグを付けられたimageは形式/CCITTをファイルします

プラットホーム

Win32 x 64