フレームを表示

バージョン8.0からバージョン9.0への変更

フレームを表示

LEADTOOLS C APIは、バージョン8.0から9.0で、以下のように変更されています。

変更された関数

以下の関数は、LEADTOOLSの前バージョンから変更しました:

L_AnnLoad(LEADファイルまたはTIFファイルからアノテーションをロードします)

L_AnnRealize(背景がオブジェクトでここで取っておかれるオブジェクトを編集します)

L_AnnSaveMemory(新しい形式オプション)

L_SetTag(更なるタグオプション)

L_ColorResBitmap(新しいフラグオプション)

L_LoadBitmapは、12と16ビットグレイスケールは、Express版だけを画像化します)をサポートするようになりました。

L_LoadBitmapListは、12と16ビットグレイスケールは、Express版だけを画像化します)をサポートするようになりました。

L_LoadBitmapMemoryは、12と16ビットグレイスケールは、Express版だけを画像化します)をサポートするようになりました。

L_LoadFileは、12と16ビットグレイスケールは、Express版だけを画像化します)をサポートするようになりました。

L_LoadFileOffsetは、12と16ビットグレイスケールは、Express版だけを画像化します)をサポートするようになりました。

L_LoadFileTile(FlashPixモジュール)(すべての形式(ただFlashPixでない)をサポートします;ここで、12と16ビットグレースケールイメージExpress版だけをサポートします)

L_LoadMemoryは、12と16ビットグレースケールイメージ ―  Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_InitBitmapは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_ConvertBufferは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_CreateBitmapは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_GetBitmapRowは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_GetBitmapRowColは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_SaveBitmapは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_SaveBitmapMemoryは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_SaveFileは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

L_StartFeedLoadは、12と16ビットグレースケールイメージ ― Express版だけ ― をサポートするようになりました。

移転する関数:

以下の関数は、ltdis.hに移動されました:

L_AppendPlayback

L_BitmapHasRgn

L_CancelPlaybackWait

L_ChangeFromDDB

L_ChangeToDDB

L_ClearPlaybackUpdateRect

L_ClipboardReady

L_ConvertColorSpace

L_ConvertFromDDB

L_ConvertToDDB

L_CopyFromClipboard

L_CopyToClipboard

L_CopyToClipboardExt

L_CreatePaintPalette

L_CreateMaskFromBitmapRgn

L_CreatePlayback

L_DestroyPlayback

L_FrameBitmapRgn

L_FreeBitmapRgn

L_GetBitmapRgnArea

L_GetBitmapRgnBounds

L_GetBitmapRgnHandle

L_GetDisplayMode

L_GetPaintContrast

L_GetPaintGamma

L_GetPaintIntensity

L_GetPlaybackDelay

L_GetPlaybackIndex

L_GetPlaybackState

L_GetPlaybackUpdateRect

L_HalfToneBitmap

L_HalfToneBitmapExt

L_IsPtInBitmapRgn

L_OffsetBitmapRgn

L_PaintDC

L_PaintDCBuffer

L_PaintRgnDC

L_PaintRgnDCBuffer

L_PrintBitmap

L_PrintBitmapExt

L_PrintBitmapFast

L_ProcessPlayback

L_ScreenCaptureBitmap

L_SetBitmapRgnColor

L_SetBitmapRgnEllipse

L_SetBitmapRgnFromMask

L_SetBitmapRgnHandle

L_SetBitmapRgnPolygon

L_SetBitmapRgnRect

L_SetBitmapRgnRoundRect

L_SetDisplayMode

L_SetPaintContrast

L_SetPaintGamma

L_SetPaintIntensity

L_SetPlaybackIndex

L_UnderlayBitmap

L_ValidatePlaybackLines

変更された構造体

以下の構造体は、新機能をサポートするために変更されました:

 BITMAPHANDLEには、ウィンドウレベリングのために新しいフィールドがあります。

新しいエラーメッセージ

エラーメッセージのための以下の定数は、追加されました:

新しい定数

定義

ERROR_FPX_FILE_CREATE_ERROR

FlashPixエラー

ERROR_FPX_FILE_NOT_OPEN_ERROR

FlashPixエラー

ERROR_FPX_USER_ABORT

FlashPixエラー

ERROR_FPX_OLE_FILE_ERROR

FlashPixエラー

ERROR_FPXEXTENSIONS_LOCKED

©FlashPix拡張モジュール© この関数を使うために必要です

ERROR_ANN_LOCKED

アノテーションオブジェクトはロックされます

ERROR_ISIS_NOCURSCANNER

ISISスキャナは選択されません

ERROR_ISIS_SCANDRIVER_NOT_LOADED

ISISスキャナドライバは、ロードすることができませんでした

ERROR_ISIS_CANCEL

ISIS操作は、ユーザーによってキャンセルされます

ERROR_ISIS_BAD_TAG_OR_VALUE

不正なISISタグまたは不正なタグ値

ERROR_ISIS_NOT_READY

ISISスキャナは、準備ができていません

ERROR_ISIS_NO_PAGE

ISISスキャナにおけるページでない

ERROR_ISIS_JAM

ISISスキャナジャムエラー

ERROR_ISIS_SCANNER_ERROR

ISISスキャナドライバエラー

ERROR_ISIS_BUSY

ISISスキャナはビジーです

ERROR_ISIS_FILE_ERROR

ISISファイルドライバエラー

ERROR_ISIS_NETWORK_ERROR

ISISネットワークエラー

ERROR_ISIS_NOT_INSTALLED

ISISは、インストールされません

ERROR_DLG_CANCELED

イメージングコモンダイアログは、ユーザーによってキャンセルされます

ERROR_DLG_FAILED

イメージングコモンダイアログエラー-ダイアログの作成の間のエラー

 

このトピックの残りは、新しい関数をバージョン9.0にリストします。

イメージングコモンダイアログ:

L_DlgColorRes

L_DlgFileOpen

L_DlgFileSave

L_DlgGetAngle

L_DlgGetChange

L_DlgGetEmboss

L_DlgGetFilter

L_DlgGetGamma

L_DlgGetNoise

L_DlgGetRange

L_DlgGetSize

L_DlgWindowLevel

ISISサポート(Express版):

L_ISISAcquire

L_ISISAcquireMulti

L_ISISGetTagLong

L_ISISGetTagShort

L_IsISISAvailable

L_ISISLoadDriver

L_ISISSelect

L_ISISSetTagLong

L_ISISSetTagShort

L_ISISUnloadDriver

アノテーションハイパーリンク(Express版だけ):

L_AnnGetHyperlink

L_AnnGetHyperlinkLen

L_AnnGetHyperlinkMenuEnable

L_AnnSetHyperlink

L_AnnSetHyperlinkMenuEnable

アノテーションセキュリティ(Express版だけ):

L_AnnGetLocked

L_AnnLock

L_AnnShowLockedIcon

L_AnnUnlock

アノテーション表示(Express版だけ):

L_AnnGetROP2

L_AnnGetTransparent

L_AnnSetROP2

L_AnnSetTransparent

アノテーション(Express版)を保存するだけであること:

L_AnnSaveTag

立て直しは、オブジェクト(Express版)を編集するだけです:

L_AnnUnrealize

ウィンドウレベリング(Medical Expressだけ):

L_GetMinMaxBits

L_GetMinMaxVal

L_WindowLevel

L_WindowLevelBitmap

入力/出力ファイルをロードすることはフィルタリングします:

L_IgnoreFilters

L_PreLoadFilters

その他の:

L_ClearNegativePixels

L_ConvertBufferExt