フレームを表示

バージョン12.1からバージョン13への変更

フレームを表示

LEADTOOLS C APIは、バージョン12.1から13で、以下のように変更されています。

LEADTOOLSは、メタデータマーカーをサポートするようになりました。

LEADTOOLSは、J2Kの関心部分ファイルをサポートします。

BITMAPHANDLE構造体に関する重要事項のために、このトピックの変更された構造体セクションを参照します。

イシスドライバのサポートに関する特記事項:

LEADTOOLSツールキットは、PIXEL翻訳実行時(PIXDFLTN. DLL)バージョンナンバ55.1.260.832を使っているか、以前に、直接イシスドライバと結びつくのにLEADTOOLSを見込んでいるイシスドライバのサポートを格納します。

LEADTOOLSツールキットは、PIXEL翻訳実行時(PIXDFLTN)バージョンナンバ56.*.*.*を使っているか、よりイシスドライバで直接通信しません。以前のイシスドライバがPIXEL翻訳実行時DLLバージョンナンバ56.*.*.*を必要としているか、より新しいイシスドライバで置換されるならば、以前のビンテージイシスドライバできちんと動くLEADTOOLSアプリケーションはきちんと動くのをやめます。

バージョン13がこのヘルプファイルに存在するTWAIN関数をサポートする最後のバージョンである点に注意してください。1.9のTWAINがサポートする新しいバージョンに関する情報については、「the LEADTOOLS TWAIN C APIヘルプファイル」を参照してください。

12と16ビットグレースケールイメージと48と64ビットカラーイメージのサポートは、DocumentとMedicalツールキットでここで利用できます。

LEADTOOLSは、以下のファイルフォーマットをサポートするようになりました。

PTOCA(表現テキストオブジェクト内容体系)

SCT(Scitex Continuous Tone形式)

PCL(Printer Command Language)

AFP

IOCA(Image Object Content Architecture)

SHP(ESRIシェイプ形式)

SMP

CMW

LEADTOOLSコールバック関数は、C呼出し規約の代わりにPascal呼出し規約をここで使います。これは、コールバックをVB6、VB7、C#などで使われさせます

LEADTOOLSは、より広範囲なカラー変換サポートをここで提供します。この新しいサポートの詳細については、「LEADTOOLSカラー変換C APIヘルプファイル」を参照してください。

LEADTOOLSは、1ビット24ビットビットマップのスーパー圧縮をサポートするようになりました。

LEADTOOLSは、アノテーションファイルに関する情報を取得して、アノテーションファイルからページを削除する手段をここで提供します。

LEADTOOLSは、JPEG、CMPとJPEG TIFFファイルでロスレス変換(回転、フリップとリバース)を実行することができます。これはimageをロードすることに優れています。そして、変換とimageを保存することを実行します。

LEADTOOLSは、イメージからの削除している赤目をサポートします。

LEADTOOLSは、アンチエイリアスフィルタをサポートします。

LEADTOOLSは、ガウスぼかしを実行することができます。

LEADTOOLSは、R、GとBカラーチャネル全体でカラーチャネル値を入れ替えさせます。

新しい関数は、「色のついたグレー」に変換することによってイメージに「古風な」見た目を与えさせました。

LEADTOOLSは、リストの中でビットマップを追加することができるか、平均化することができます。

LEADTOOLSは、ビットマップの中で個々のリージョンの大きさを変更させます。

LEADTOOLSは、イメージにモーションブラーを追加することができます。

新しい関数は、単一の不透明度値または様々な不透明度値を用いてイメージを結合させました。様々な不透明度値を使うことは、フェザリング外観を作成します。

LEADTOOLSは、ビットマップに境界とフレームを追加させます。

LEADTOOLSは、より多くのサポートをグループ化とグループ解除アノテーションオブジェクトに提供します。

LEADTOOLS imageリストは、ここで、imageリストの中で個々の項目を書き直させます。

LEADTOOLSは、サポートを拡大鏡がウィンドウか、コントロールかオブジェクトに関連づけられるかどうかについて決定するために提供します。

ISIS ASCIタグがサポートされています。

LEADTOOLSは、PSDでレイヤをロードして保存することファイルをサポートします。

LEADTOOLSは、ここで、48と64ビットビットマップのために画素データを取得または設定させます。

LEADTOOLSは、能力が単一のビットマップまたはビットマップのリストを使用してimageをピクチャライズするために拡張されたことをピクチャライズします。

LEADTOOLSは、描画している間、ここで、Shiftキーを続けることによって特定のアノテーションのシェイプを変えさせます。(楕円オブジェクトは円形として自動的に描画されます;メモ、ボタン、オーディオクリップその他のような他のアノテーションは正方形として自動的に描画されます。)

LEADTOOLSは、ここで、ホットスポットアノテーションとフリーハンドのホットスポットアノテーションでメタファイルを関連付けさせます。

LEADTOOLSは、機能移動にアノテーションオブジェクトの名前をここで提供します。

LEADTOOLSは、ここで、カーブ付きリージョンを作成するか、既存のリージョンにカーブ付きリージョンを追加させます。

LEADTOOLSは、ここで、ベジェ曲線に標準曲線を変換させます。

LEADTOOLSは、ロードプロセスの間にここでビットマップの大きさを変更することができます。

LEADTOOLSは、ここでバッファを圧縮することができて、それを解凍することができます。

LEADTOOLSは、ここで、メモリ内のファイルにビットマップを保存させます。

LEADTOOLSはExif拡張をサポートするので、埋め込まれた音声データをここで検索することができます、そして、スタンプは拡張データとしてExifファイルで格納しました。

変更されたか削除された関数

以下の関数はLEADTOOLSの前バージョンから変更されたか、削除されました:

L_AllocateBitmapは、新しいメモリタイプフラグをサポートします。

L_AnnGetBoundingRectの新規パラメータ数は1です。

L_AnnGetNameは、2個の新しいパラメーターを取ります。

L_AnnGetRectの新規パラメータ数は1です。

L_AnnSaveの新規パラメータ数は1です。

L_AnnSaveMemoryの新規パラメータ数は1です。

L_AnnSaveOffsetの新規パラメータ数は1です。

L_AnnSetNameは、2個の新しいパラメーターを取ります。

L_GetBitmapHistogram1に新しいパラメーターを持っていって、12と16ビットグレースケールイメージをサポートします。

L_GetDefaultLoadFileOptionの新規パラメータ数は1です。

L_GetDefaultSaveFileOptionの新規パラメータ数は1です。

L_HalftoneBitmap2つの新しい指標をとって、12と16ビットグレースケールイメージをサポートします。

L_HistoEqualizeBitmapの新規パラメータ数は1です。

L_LoadFileは、新しいフラグをサポートします。

L_LoadFileOffsetは、新しいフラグをサポートします。

L_LoadFileTileは、新しいフラグをサポートします。

L_MedianFilterBitmapは、12と16ビットグレースケールイメージをサポートします。

L_MaxFilterBitmapは、12と16ビットグレースケールイメージをサポートします。

L_MinFilterBitmapは、12と16ビットグレースケールイメージをサポートします。

L_RemapBitmapIntensityの新規パラメータ数は1です。

以下の関数は削除されました:

L_GetBitmapHistogramGray

同じ機能性を取得するために、L_GetBitmapHistogram関数を使います。

L_HalftoneBitmapExt

同じ機能性を取得するために、L_HalftoneBitmap関数を使います。

L_ToggleBitmapCompression

同じ機能性を取得するために、L_ChangeBitmapCompression関数を使います。

変更された構造体

BITMAPHANDLE構造体は変更しました、そして、新しい関数はビットマップが必要とするGDI資源LEADの量を制限するのにユーザーを見込むために追加されました。この変更は、もはやコンパイルしない既存のソースコードを引き起こすことがありえました。しかし、この変更WILL NOTは、既存のアプリケーション/バイナリに影響を及ぼします。各々がHPALETTEを作成することによってGDI資源を使い果たさないで、この変更の目的は、多くのイメージをロードするのにユーザーを見込むことです。前(そして、デフォルトの)動作は、ファイルからロードされる各々のimageのために、HPALETTE GDIオブジェクトが作成されるということです。利用できる限られた数のGDIオブジェクトがあります、そして、多数の狭いイメージをロードすることはGDIのメモリを抜くことができます。この場合、「メモリー不足の」エラーを取得します、しかし、十分な物理的なまたは利用できる仮想メモリーを持っています。これらの新しい関数/機能で、これを避けることができます。ソースコードを更新することに関する情報については、トピック新しいパレットの仕組みを使用するため古いコードを更新するを参照します。

LOADINFO構造体の新メンバ数は4です。

FILEINFO構造体の新メンバ数は1です。

SAVEFILEOPTION構造体の新メンバ数は1です。

新しい構造体

以下は、新しい構造体です:

ADDBORDERINFO

ADDFRAMEINFO

ANNFILEINFO

BALANCING

COMPRESSIONOPTIONS(MRCモジュール)

CURVE

DECOMPRESSDATA

拡張子

EXTENSIONLIST

LAYERINFO

LILDRAWITEM

MINSEGMENT(MRCモジュール)

SEGMENTDATA(MRCモジュール)

STARTDECOMPRESSDATA

新しい制御メッセージ

以下は、新しい制御メッセージです:

L_ILM_DRAWITEM

L_ILM_GETFIRSTVISIBLE

L_ILM_GETVIEWSIZE

このトピックの残りは、新しい関数をバージョン13にリストします。

マーカー

ENUMMARKERSCALLBACK

L_CopyMarkers

L_CreateMarkers

L_DeleteMarker

L_EnumMarkers

L_FreeMarkers

L_GetMarker

L_GetMarkerCount

L_GetMarkers

L_InsertMarker

L_LoadMarkers

L_SetMarkers

L_WriteFileMetaData

ビットマップパレット

L_DupBitmapPalette

L_CopyBitmapPalette

L_SetBitmapPalette

アノテーション(DocumentとMedicalツールキット)

L_AnnDeletePage

L_AnnDeletePageMemory

L_AnnDeletePageOffset

L_AnnFileInfo

L_AnnFileInfoMemory

L_AnnFileInfoOffset

バッファを解凍すること

L_DecompressBuffer

L_StartDecompressBuffer

L_StopDecompressBuffer

EXIF拡張

L_FreeExtensions

L_GetExtensionAudio

L_LoadExtensionStamp

L_ReadFileExtensions

画像処理

L_AddBitmaps

L_AddBorder

L_AddFrame

L_AlphaBlendBitmap

L_AntiAliasBitmap

L_BalanceColors

L_CombineBitmapExt

L_ConvertBitmapSignedToUnsigned

L_ConvertToColoredGray

L_CreateFadedMask

L_EdgeDetectorBitmap

L_FeatherAlphaBlendBitmap

L_GaussianFilterBitmap

L_GetFunctionalLookupTable

L_GetUserLookUpTable

L_GrayScaleBitmapExt

L_LineProfile

L_MotionBlurBitmap

L_PicturizeBitmapList

L_PicturizeBitmapSingle

L_RemoveRedeyeBitmap

L_SwapColors

L_UnsharpMaskBitmap

イシス

L_ISISGetTagASCII

L_ISISGetTagASCIIChoice

L_ISISGetTagLongChoice

L_ISISGetTagShortChoice

L_ISISSetTagASCII

拡大鏡

L_WindowHasMagGlass

L_SetMagGlassPaintOptions

L_SetMagGlassPos

L_ShowMagGlass

L_UpdateMagGlassBitmap

Mixed Raster Contentモジュール

L_MrcDeleteSegment

L_MrcEndBitmapSegmentation

L_MrcEnumSegments

L_MrcGetPagesCount

L_MrcLoadBitmap

L_MrcSaveBitmap

L_MrcSaveBitmapT44

L_MrcSegmentBitmap

L_MrcSetNewStripe

L_MrcSetStripeMaxHeight

L_MrcSetStripeSegment

L_MrcStartBitmapSegmentation

L_MrcUpdateSegmentData

MRCENUMSEGMENTSPROC

SEGMENTATIONCALLBACK

PSDレイヤ

L_LoadLayer

L_SaveBitmapWithLayers

バッファを保存すること

L_SaveBitmapBuffer

L_SaveFileBuffer

SAVEBUFFERCALLBACK

スーパー圧縮

L_ChangeBitmapCompression

ファイルを変形すること

L_TransformFile

LEADMARKERCALLBACK

TRANSFORMFILECALLBACK

その他の

L_CurveToBezier

L_GetBitmapClipSegments

L_GetBitmapClipSegmentsMax

L_GetPixelData

L_LoadBitmapResize

L_PutPixelData

L_ResizeBitmapRgn

L_SetBitmapRgnCurve