LEADTOOLS(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

オートメーション化したアノテーションで機能するとき、大部分のオブジェクトの背景ブラシ(内部を塗りつぶすブラシ)はオブジェクトの「塗りつぶし」プロパティを変更することによって変更されることができます。

以下のクラスオブジェクトは、塗りつぶしプロパティをサポートします:

オブジェクトが塗りつぶし、ストローク、またはテキストをサポートしているかどうかをプログラムコードから確認するには、AnnObjectクラスのAnnObject.SupportsFill、AnnObject.SupportsStrokeとAnnObject.SupportsFontの各プロパティを調べます。AnnObjectクラスには、すべてのアノテーションオブジェクトによって共有される共通の描画情報が含まれています。アノテーションブラシのサポートは、AnnBrushによって提供されます、 そして、AnnSolidColorBrushクラス。

AnnHiliteObjectオブジェクトは塗りつぶしを使用しない点に注意してください。HiliteColorプロパティを変更することによって、プログラムコードからそのカラーを変更します。