LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

WCFがサービスを提供するLEADTOOLSはロードしていて、保存しているファイルのためにサービスを含みます。そして、画像処理(文書のクリーンアップ)がバーコードと光学的文字認識(OCR)を読込み及び書込みを行います。

以下のサービスのサポートは、含まれます:

特定の場合に、欲しいかもしれません。そして、次々と、倍数画像処理関数を実行します。それが画像処理関数のリストを受け取るので、BatchServiceは本例に役立って、サーバに1つの呼び出しの中ですべてを実行します。これにより、時間と帯域幅を節約できます。関数ごとに何度も行き来するのではなく1回サーバーを往復するだけであるためです。複数の画像処理関数を使うために、要求クラスのインスタンスを作成しなければならなくて、RequestDataオブジェクトとして各々のimageプロセシングファンクションを追加しなければならなくて、コレクションをBatchRequest.Requestsプロパティに割り当てなければなりません。

ホスティングオプション

LEADTOOLS WCFはIIS、自身ホスティング(マネージアプリケーション)、ウィンドウサービスを含むホストされた複数の方法でありえて、Windowsとしてアクティブ化サービスを調べることがありえるだけです。オプションをホストすることの詳細については、ホスティングWCFサービスを参照します。LEADTOOLSは、WCFサービスをホストして、消費するために、いくつかのチュートリアルも含みます。詳細は、「WCFチュートリアル」を参照してください。

LEADTOOLS WCFサービスを構成すること

WCF(OCRとバーコードなどのWCFの中の他の機能だけでなく)。ツールキットでロック解除されなければなりません。解錠は、以下のファイルで実行されます:

各々の構成ファイルは、一種の機能とその値を格納します。認可した各々の機能のために、一致することがキーをロック解除するように指定する必要があります。たとえば、Leadtools.Services.Raster.ServiceImplementations.dll.configは以下のセクションを格納します:


                 <setting name="AbcKey" serializeAs="String">
                    <value>YourKey</value>
                 </setting>
              

そして、ライセンスキーごとのその他。

PDFレガシーモード(またはロードPostScriptと拡張PostScriptファイル)を用いてPDFファイルをロードするためにLEADTOOLSサービスのいずれかを使うつもりになっているならば、設定ファイルの中でLeadtools.PdfEngine.dllアセンブリのためにパスも指定しなければならないことがわかります。このパスは、CodecsPdfOptions.InitialPathプロパティの値を設定するのに用いられます。Leadtools.PdfEngine.dllは標準的な.NETアセンブリでありません、そして、プロジェクトへの参照としてそれを追加することができません。詳細については、「CodecsPdfOptions.InitialPath」を参照してください。

LEADTOOLSデフォルトのPDFローダーが使われ(Leadtools.Pdf.dll)さえすれば、上記は必要とされません。詳細については、「PDF機能の実装」を参照してください。

ここに設定ファイルの中でパスをLeadtools.PdfEngine.dllに設定する方法のサンプルがある。


                 <setting name="RasterPdfInitialPath" serializeAs="String">
                    <value>C:\MyDir\LeadtoolsPdfEngine.dll</value>
                 </setting>
              

Leadtools.Services.Formsにより用いられるOCRエンジンを指定するとき、Leadtools.Services.Forms.ServiceImplementations.dll.configファイルで以下の設定を使わなければなりません。この値は、Advantageエンジン(Professionalエンジンのための「Professional」)のために、「Advantage」を現時点ではサポートします。


                 <setting name="EngineType" serializeAs="String">
                    <value>Advantage</value>
                 </setting>
              

開発に関する注意事項:

ウェブ基盤のアプリケーション(SilverlightとASP.NET)からWCFサービスを消費するとき、Visual Studioはサービス(単一の同期が呼び出す使用よりもむしろ)に非同期方式を生成します。これらの非同期呼び出しは「完了された」イベントにサブスクライブすることを要求して、メソッドを呼び出して、「完了された」イベントが発生するのを待ちます。以下のサンプルは、RasterService.svc Convertメソッドに基づく必要なメソッドとイベントを使うことを例示します:

勝利-フォームアプリケーション-RasterServiceClient.Convertメソッド

ウェブアプリケーション-RasterServiceClient.ConvertAsyncメソッド、RasterServiceClient.ConvertCompleted

ウェブアプリケーションからLEADTOOLS WCFサービスを呼び出すとき、交差したドメインパーミッションファイルを使用することが必要かもしれません。詳細は、「サービスをドメイン境界の向こうで都合がよくすること」を参照してください。

参照

WCFチュートリアル
ご使用にあたって(サンプルプログラムへのガイド)