LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

PACSクライアントフレームワークは、DICOMクライアントアプリケーションを簡単に作成するためのフレームワークです。フレームワークは、いろいろなDICOMサービスクラスユーザー(SCU)実装(以下を含む)を提供する、高レベルな、すぐに使えるコンポーネントから構成されます:

PACSクライアントフレームワークを使うとき、第一歩はライブラリによって必要とされるデータを初期化するためにDicomEngine.Startupへの呼び出しでなければなりません。これは、通常アプリケーションの初めにされます。ライブラリがもはや必要でないとき、DicomEngine.Shutdownはデータを公表するために呼び出されなければなりません。アプリケーションがシャットダウンする必要があるとき、これは通常されます。以下のトピックは、システムアプローチをPACSクライアントフレームワークライブラリでプログラムする方法を理解することに提供します。

DICOMストレージサービスクラスSCU

起動側サービス利用者は、DICOM規格で定義されている保存サービスクラスSCUサービスを使用して、同位のサービス提供者に複合SOPインスタンス情報を保存するよう要求できます。これは、以下にDICOM AEを許可します:

StoreScuクラスにより提供される機能性は、ユーザー(ストレージSCU)がアプリケーションにサポートするストレージサービスクラスを追加するプロセスを単純化します。StoreScuクラスには、DICOM規格3.4のB.5-1表に列挙されたSOPクラスを同位のDICOM保存サービスクラス提供者(保存SCP)に保存するC-STOREサービスを処理するメンバがあります。クラスは、ストレージサービスクラスによって定義しました。StoreScuクラスは、以下のメソッドをC-STORE-REQメッセージをするために提供します:StoreScu.Store

さらに、以下のイベントは利用できます:

DICOM照会と取得サービスクラスSCU

DICOM標準は、DICOMデータセットの問合せと取り戻すことを促進する照会と取得サービスクラスを定義します。QueryRetrieveScuクラスは、アプリケーションに標準的なStudyルート照会と取得Modelサービスクラスユーザー(Studyルート照会と取得SCU)サポートを造るプロセスを単純化します。そのメンバは、サービスクラスユーザーとしてStudyルート照会と取得サービスクラスで使われるすべての問合せ属性を処理します。簡単に追加するインターフェース(BeforeAssociateRequestとBeforeCFindイベント)がモダリティワークリスト、Patientルート照会と取得、汎用ワークリストその他などの他の照会と取得サービスのためにクラスがDICOM問合せをするために以下のメソッドに提供するQueryRetrieveScuをサポートするか、操作を取り出すと、それは定めもします。

DICOM問合せ

DICOM取得

さらに、以下のイベントは利用できます:

参照

StoreScuクラス
QueryRetrieveScuクラス