LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

PACSフレームワークは、DICOMメッセージ送信アプリケーション(サーバ/クライアント)を作成するための拡張可能なプログラミングフレームワークです。このアドインアーキテクチャを使用すれば、中核的なサーバー実装を変更することなく追加サポートを容易に組み込むことができます。DICOMメッセージ通信処理に加えて、開発者は保守ログ、AEタイトル管理、メッセージ通知その他のサポートを追加することができます。

以下のチュートリアルは利用できます:

また、LEADTOOLS MedicalモダリティワークリストWCFサービスは、モダリティworklistデータベースでエンティティを操作するために、メソッドを格納します。LEADTOOLSモダリティワークリストWCFサービスをホストするために、提供されたPACSフレームワークサーバアドイン(Leadtools.AddIn.Broker.Host)を使用します。

以下のセクションは、PACSフレームワークを使う方法を説明します:

  1. コンポーネント

  2. 最初のプロセス

  3. サーバをインストールして、管理すること

  4. サーバ管理のインターフェース

1.コンポーネント

PACSフレームワークは、以下のコンポーネントから構成されます:

2.最初のプロセス

  1. サービススタート:これは、DICOMサーバを実装しているWindowsサービスを実行します。
  2. ライセンスは、以下を確認します:ユーザーが正しいMedicalServerがcodeをロック解除すると定めたかどうか見るチェック。正しいcodeが提供されなかったならば、サービスは実行しません。
  3. 初期化アドイン:サービスは、サーバ作業ディレクトリーですべてのDLLをロードします。サーバは、すべてのアドインのインターフェースを調べます。有効なインタフェースが見つかった場合、そのアドインはサーバーサービスに登録されます。
  4. スタートサーバ:何らかの理由でサーバーが起動できない場合(ポートの重複やIPアドレスが使用できない場合など)、サービスは実行されません。
  5. レジスターベースサービス:若干のサービスは、サービスが正しく機能するために必要です。このプロセスは、デフォルトの実装を以下のサービスに提供します:
    • IDicomRequest:DICOM要求を出すために、デフォルトの実装をアドインに提供します。この実装をオーバーライドしなければならないケースはまれです。
    • IAETitle:デフォルトの実装をDICOM AETitlesを管理するために提供します。
  6. 管理のインターフェースを開始します:このインターフェースは、実行サービスで通信するために、アプリケーションを許可します。インターフェースは、名前付きパイプを通して実装されます。

この時点でサーバーは稼働しており、DICOM接続の受信を開始する準備ができています。サーバは登録されたアドインからプレゼンテーションコンテキスト情報をとって、クライアントからアソシエーション要求を送信して、それを確認します。有効なDICOMメッセージがサーバーに送信されたら、特定のプレゼンテーションコンテキストのペアがアドインによって登録されているかどうかがチェックされます。コンテキストのペアが登録されている場合、DICOM Messageを処理するために該当するアドインが呼び出されます。そのクライアントのサーバー処理は、アドインが処理を完了するかアドイン処理のタイムアウトに達するまで、続行されません。

PACSが接ぎ木をする3.Installingと管理するサーバは、DICOMサーバサービスをインストールして、管理することができるサンプルサービス管理アプリケーションを含みます。DICOMサービス管理SDKがそうするサービス管理アプリケーション用途は、PACSフレームワークサービスを管理します。以下の図は、LEADTOOLS DICOMサービス管理プログラムを示します:

[アドインオプション]の下に一覧表示されたアイコンは、インストールされているアドインで使用可能なすべてのオプションを表示します。各アイコンをダブルクリックすると、設定ダイアログが表示されます。

[DICOMサーバーサービスの追加]ボタン をクリックすると、[新しいサーバーの追加]ダイアログが開きます。[新しいサーバーの追加]ダイアログの[設定]タブを次の図に示します。

[新しいサーバーの追加]ダイアログには以下のフィールドがあります。

[設定]タブ

[新しいサーバーの追加]ダイアログの[詳細]タブを次の図に示します。

[新しいサーバーの追加]ダイアログの[詳細]タブには以下のフィールドがあります。

[詳細]タブ

サービスが作成されたあと、新しいディレクトリはAEタイトルに基づくアプリケーションフォルダで作成されます。たとえば、アプリケーションディレクトリがc:\Dicom Servers\である、そして、AEタイトル「STORE」でサービスを作成するならば;新しいディレクトリは、cです:このディレクトリが新しいサーバのために設定のすべて格納する\Dicom Servers\STORE\.。以下のディレクトリは以下の通りです:

AEは、このタブがAEを追加して/編集する情報とタイトルをつけると認めるタブにタイトルをつけます。サーバレジスターIAeTitle実装は、サービス管理プログラム要求を処理する役割を果たします。[AEタイトル]タブでは以下の操作を実行できます。

[クライアント]タブ このタブでは、接続クライアントの情報を表示します。各々の関係のあるクライアントが以下の情報をご利用可能です。

以下の行動は、クライアントに利用できます:

4. サーバー管理インタフェース 各サーバーは管理インタフェースを実装しており、アプリケーションはそのインタフェースを使用してサーバーに対するアクションを実行します。AEタイトルを追加して、クライアント情報を検索するために、インターフェースを使用します。

管理のインターフェースは、名前付きパイプを使って実装されます。

名前付きパイプは、パイプサーバーと1つ以上のパイプクライアントとの間の通信に使用される名前の付いた単方向パイプまたは二重パイプです。名前付きパイプのすべてのインスタンスは同じパイプ名を共有します、しかし、各々のインスタンスはそれ自身のバッファとハンドルを持っていて、別々のパイプをクライアント/サーバ通信に提供します。インスタンスの使用は、複数のパイプクライアントが同時に同じ名前付きパイプを使うのを可能にします。

作成されたパイプの名前は、DICOMサーバサービスで作成されるサーバのAEタイトルです。サーバーサービスはメッセージと通知の送信に二重パイプを使用します。PACSフレームワークは、DICOMサーバサービスへのメッセージとそれからの受けるメッセージを送るために必要な詳細をカプセル化するServiceMessageクラスを提供します。以下のメッセージ/通知は、サーバサービスによるサポートです:

ServiceMessageクラス

メッセージ

通知

PACSクライアントフレームワークによるプログラミング

Dicom AddIn

Dicom Scu

Dicomサーバ

トピック

PACSサーバフレームワークによるプログラミング
PACSクライアントフレームワークによるプログラミング
PACSフレームワーククライアントサーバ図
印刷管理SCU
デモとAddIns