LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

カラー解像度(また、カラー階調という)は、image(ビット-per-ピクセルが決定した)で、可能性がある色の数に言及します。コンピュータのimageがFAXスキャナからロードされるか、FAX転送と認められるならば、それは白黒(1ビット)imageです。カラースキャナまたはJPEGファイルからロードされるならば、それは1600万の色を持っていることができます。GIFファイルからロードされるならば、それは256の色を持っていそうです。多くの可能性があります。そして、2つの色から1600万にわたります。

LEADTOOLSは、imageのカラー解像度に関係なくimageを操作して、それを任意のWindows互換のデバイスに表示させます。したがって、ほとんどの場合、これまでにそのカラー解像度を変更することなく、imageをロードすることができて、示すことができて、修正することができて、保存することができます。それでも、場合によっては、カラー解像度を増減する必要があるかもしれません。以下は、若干の例です:

imageのカラー解像度を8ビット/ピクセル以下に引き下げるときはいつでも、ディザリング方法は効果を示し始めます。1つの選択肢は最も精密にカラーマッチ(ディザ処理でない)を使うことです。そして、それは各々のピクセルのカラーがそれと最も密接に一致するパレットカラーに変更されることを意味します。オリジナル画像にわずかな色の詳細が含まれる場合、近似色マッチの結果として大きな色のシミができ見た目がよくなくなる可能性があります。

ディザ処理メソッドは、様々な色のピクセルを混ぜることによって、より微妙な色合いの外観を作成します。これは、新聞の写真が実際は白黒のみであるにもかかわらずグレーの影が付いているように見えるのと似ています。

ディザ処理メソッドの変動

順序付きディザ処理

順序付きディザ処理とクラスタディザ処理は、最も高速メソッドです。色の数を256色以下に下げるために効果的です。256色以下であるディスプレイ装置に描画するとき、順序付きディザ処理はデフォルトのディザリング方法です。

同程度の濃淡がパレットの中に互いの隣にあるように、これらのメソッドは大部分のパレットの色が順序付きであるという事実を利用します。ディザ処理で使われるピクセルは、最も近い陰を達成するために、これらの隣接した色からとられます。平滑作用を達成するために、原色の近くに、色合いからピクセルを置きます。順序付きディザ処理は、隣接したピクセルが必ずしも同じカラーを持っていないことを確実にするために各々のピクセルの最も精密にカラー値に加えるか、それから減算することによって、カラーのしみを避けます。しかし、パレットの色が順序付きでないならば、結果は不良かもしれません。

エラー拡散ディザ処理

LEADTOOLSの他のディザ処理メソッドの全ては、エラー-拡散アルゴリズムを使用します。エラー拡散において、エラーはオリジナルのピクセルカラーと最も近いマッチの違いです、そして、アルゴリズムはピクセル配置(拡散を実行します)をこのエラーに広めます。エラー-拡散ディザ処理は、写真画像のための他のメソッド、CCITTまたはランレングス符号化による圧縮でありそうでないイメージと連続色調(グラデーション)によるイメージより良好品質イメージを生じます。メモリ内のビットマップのカラー解像度を変更するためにLEADTOOLS関数を使うならば、いくつかの様々なエラー拡散ディザ処理メソッドから選ぶことができます。

フロイド-スタインバーグは、高品質の、高速エラー-拡散メソッドです。それは、LEADTOOLSがimageをロードまたは保存するときカラー解像度を減らすならば、または、256色以下であるディスプレイ装置に描画するときディザリング方法としてエラー拡散を指定するならば、使うデフォルトのメソッドです。

他のエラー-拡散メソッドの全てはフロイド-スタインバーグより遅いです、そして、品質は、より良好で、オリジナルのimageに依存していて、結果として生じるimageが示されることになっているか、印刷されることになっているかどうかに依存しています。スティーヴンソンアルセディザ処理は、選択肢の中で最もゆっくり、最もより高品質結果を生みそうです。

選択するどのメソッド?

すべてのエラー-拡散メソッドは類似した結果を生みます、そして、順序付きでエラー拡散ディザリングアルゴリズムには利点と不利があります:

imageのために目的の結果を達成するために、オリジナルに各々のディザリング方法を適用して、どちらが最も望ましい結果を与えるか見ることは、通常最善です。

以下の図は、imageの上でいくつかの様々なディザ処理メソッドを使うエフェクトを例示します。

オリジナルのimageのJPEGファイルは、以下の図に示されます:

後に、ディザ処理が適用されたと命令されるimageのJPEGファイルは、以下の図に示されます:

エラー拡散ディザ処理(フロイド-スタインバーグ)の後のimageのJPEGファイルは、適用されました以下の図に示す(:)

ROMM BGRカラーエンコーディング

広い色再現範囲と拡張された色域を持つ出力基準のBGRカラーエンコード方式のファミリーはReference Output Medium Metric (ROMM) BGR Colorエンコーディングと呼ばれ、デジタル画像を操作、保存、伝送、表示および印刷するためにデジタル静止画像処理システムで使われます。sRGBカラーエンコーディングとは異なり、色の範囲はCRTモニターに表示されることができるそれらの色に限られていません、そして、esRGBとは異なり、これらのエンコーディングは負のRGB測色座標を使いません。

ROMMカラーオーダーが24または48ビットビットマップだけで使われることができて、CMP/JPEG/Exif JPEG/JTIF/TIFF CMPファイルフォーマットによってサポートされます。ROMMでなく、RGBで表されることができる色が、あります。逆に、ROMMで表現できてもRGBでは表現できない色もあります。ある形式から別の形式に変換すると、カラースペースのいずれかで表現できる色が失われます。

参照

LEADTOOLSによる画像処理入門
ディザ処理メソッド
Codecs.CodecsThumbnailOptions.DitheringMethodプロパティ
ImageProcessing.ColorResolutionCommand.DitheringMethodプロパティ
RasterDitheringMethod列挙体
RasterDefaults.DitheringMethodプロパティ
RasterImage.DitheringMethodプロパティ
RasterImage.DitherLineメソッド
RasterImage.StartDitheringメソッド
RasterImage.StopDitheringメソッド
RasterBufferConverter.Convert