LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

リージョンは、imageの中の関心領域です。1つの画像に作成できるリージョンは1つだけですが、リージョンをいくつも組み合わせて、内包型や非隣接型など、複雑なリージョンを設定することが可能です。

imageがリージョンを持っているとき、ピクセル値(たとえばPosterizeCommand)を修正するLEADTOOLSクラスはリージョン(全部のimageよりもむしろ)に作用します。

また、imageも上下に反転するか、翻すか、回転させるか、傾斜させるか、大きさを変更するLEADTOOLSクラスとメソッドは、imageと一致するために、リージョンを変形します。たとえば、長方形のリージョンを持っていたimageを傾斜させることであるならば、リージョンは平行四辺形になるでしょう。

デフォルトで、imageはリージョンを持っていません。作成メソッドの一つ以上を呼び出すことによって、リージョンを作成します。これらのメソッドの1つを呼び出すたびに、新しいリージョンがどのように既存のリージョン(人がいるならば)に追加されることになっているかについて指定します。以下は、オプションのリストです:

そして、

結果として生じるリージョンは、既存のリージョンと新しいものの交差だけを含みます。以下のサンプルは結果を示します、長方形が既存のリージョンを表す所で、楕円は新しいものを表します、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンを表します。

設定されます

結果として生じるリージョンは、新しいリージョンだけを含みます。既存のリージョンは、任意であるならば、破棄されます。以下のサンプルは、結果(楕円は新しいリージョンで、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンである)を示します。

SetNot

新しいリージョン以外は、結果として生じるリージョンは、すべてをimageに含みます。既存のリージョンは、任意であるならば、破棄されます。以下のサンプルは、結果(楕円は新しいリージョンで、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンである)を示します。

AndNotImage

結果として生じるリージョンは、新しいリージョンの中に既存のリージョンと領域の外で領域の交差点を含みます。以下のサンプルは結果を示します、長方形が既存のリージョンである所で、楕円は新しいものです、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンです。

AndNotRegion

結果として生じるリージョンは、新しいリージョンの外で領域の交差点を既存のリージョンと領域に含みます。以下のサンプルは結果を示します、長方形が既存のリージョンである所で、楕円は新しいものです、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンです。

または、

結果として生じるリージョンは、新しいリージョンの中に領域を既存のリージョンと領域に含みます。以下のサンプルは結果を示します、長方形が既存のリージョンである所で、楕円は新しいものです、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンです。

Xor

2つが交差する任意の領域を除いて、結果として生じるリージョンは、新しいリージョンの中に領域を既存のリージョンと領域に含みます。以下のサンプルは結果を示します、長方形が既存のリージョンである所で、楕円は新しいものです、そして、斜線部分は結果として生じるリージョンです。

LEADTOOLSはFrameRegionメソッドをリージョンの輪郭を描くために提供するが、任意のメソッドを一つずつユーザーのパソコンのマウスをクリックすることと運動に応じるために提供しません。その目的のために、ユーザーがリージョンを設計する間、デバイスコンテキストで行またはシェイプを描画するためにWindows GDI+を使わなければなりません。その後リージョンを作成するために適切なLEADTOOLSメソッドを呼び出すことができて、それの輪郭を描くために、FrameRegionコマンドを呼び出すことができます。

指定されたポイントのカラーに基づくリージョンを設定するために、AddMagicWandToRegionを使います。指定されたポイントと様々な許容値値のカラーに基づくリージョンを作成するために、AddBorderToRegionを使います

新しい曲線リージョンを作成するか、曲線リージョンで既存のリージョンを更新するために、AddCurveToRegionを使います

関連したトピック: