LEADTOOLS TWAIN

フレームを表示

TWAINは、画像入力装置(例えばスキャナとデジタルカメラ)のための基準です。TWAINデバイスからimageを取得することは、非常に単純でありえます。1番目に、入力装置を選択することのための標準的な設備が、あります。それは省略時印刷装置を選択することと類似しています、そして、デフォルトが右であるということを知っているならば、この手順をスキップすることができます。その後、各々のTWAINデバイスはそれ自身のユーザインタフェースを備えています。そして、それをimageを取得するために呼び出します。

複数イメージを取得する時だけ、または、ユーザーインターフェースを回避するとき、若干の複雑さは導入されます。複数イメージを取得するならば、各々のimageを処理するためにコールバック関数またはイベント手順をコード化しなければなりません。ユーザーインターフェースを回避するならば、TWAINドライバが通常ユーザーインターフェースから取得するという情報を提供するために若干の標準的なTWAINパラメータを設定しなければなりません。慎重を要する部分は、若干のTWAINドライバが他より完全に標準を実装するということです。TWAINデバイスがどのように機能するか前もってわからないならば、TWAINパラメータを設定する成功をテストするためにプログラムに論理を追加することは良好考えです。LEADTOOLSは、関数をこれの全てに提供します。

TWAINサポートが32ビットのためにTWAIN_32.DLLを必要として、64ビットのためにTwainDSM.dllを必要とする点に注意します。これらのファイルは、TWAINデバイスメーカーから得られなければなりません。詳細については、「使用するTWAIN仕様バージョンの設定」を参照してください。

TWAINドライバがインストールされて、システムへ形成されたあと、LEADTOOLS TWAINによるプログラミングは始まることができます。LEADTOOLSは、プロパティ、メソッドとイベントを以下に提供します:

入門

LEADTOOLS TWAINツールキットで利用できる機能を使い始めるために、TWAINセッションを始めます。詳細については、「TWAINセッションの初期化」を参照してください。

次に、システムの上でインストールされるソースから特定のTWAINソースを選択するか、デフォルトのTWAINソースを使います。TWAINセッションが開始されたあと、これはされなければなりません。詳細については、「TWAINソースの管理」を参照してください。

機能の値の設定と取得

TWAINソースがサポートしている機能は、TWAINソースごとに異なります。イメージを取得する前に、デフォルト値を使うか、能力を目標値に設定します。LEADTOOLSは、プロパティ、メソッドとイベントを以下のようにして能力で機能するために提供します:

詳細については、「機能の取得と設定」を参照してください。

取得しているイメージまたは画像データ

目的のTWAINソース能力が設定されたあと、ラスター画像や画像データの取得は始まることができます。選択したTWAINソースがバーコードリーダーであるならば、画像データはバーコードから取得されるデータです。

詳細については、「TWAINソースから取得する方法」を参照してください。

ファイルに設定を保存します

イメージを取得するのに用いられる機能設定は、テンプレートファイルに保存されることができます。いずれ、毎回TWAIN能力を取得して設定する代わりに、これらの機能設定はテンプレートファイルから得られることができて、同じTWAINソースからイメージを取得するのに用いられることができます。詳細については、「テンプレートファイルの処理」を参照してください。