LEADTOOLS MRC

フレームを表示

LEADTOOLSは、混合ラスターコンテンツファイルを処理するために、LEADTOOLSにMixed Raster Content(MRC).NETクラスライブラリを提供します。このモジュールは、入り混じったimageとテキストコンポーネントを格納しているカラードキュメントのサポートを追加することによって、LEADTOOLS入出力機能性を向上させます。Mixed Raster Content(MRC)形式は、ITU-T推薦T.44の一部として国際電気通信連合によって開発されて、インターネットファックスのための提案された基準、RFC-2301、ファイルフォーマットで定義されます。MRCモデルは、ページをストリップと最高3つのレイヤに分けます:マスク、前景と背景レイヤから構成されること。各々のレイヤはコード化されることができて、独立して圧縮されることができます。その後、これらのレイヤは展開されることができて、オリジナルのimageを回復させるために結合されることができます。

MRCモデルのLEADTOOLS実装は、オブジェクトをセグメントに分けることが必要です。その領域で使われる色の数に応じて、セグメントは、テキスト、グレースケールまたはピクチャと分類されることができるimageの上の長方形の領域です。

LEADTOOLSは、いくつかのメソッドをファイルを保存することに対して提供します:MrcSegmenter.SaveImageMrcSegmenter.SaveImageT44.MrcSegmenter.SaveBitmapList。これらのメソッドで、以下のモードのどれででもMRC imageを保存することが、できます:

規格基準MRC形式ファイルは、2つの様々なセグメントタイプを使います:1-ビットテキストとピクチャ。1ビットテキストセグメントは、ファックスG3 1D、ファックスG3 2D、ファックスG4またはJBIG圧縮を使用して圧縮でき、ピクチャのセグメントはJPEG圧縮を用いて圧縮できます。これらの圧縮計画の一部は、制御されるために圧縮の量を許可するQファクターを使います。

LEAD登録商標のMRC形式は、以下のセグメントタイプを使います:1-ビットテキスト、2-ビットテキスト、2-ビットピクチャグレースケール、8ビットグレースケールとピクチャ。1ビットテキストセグメントは、ファックスG3 1D、ファックスG3 2D、ファックスG4またはJBIG圧縮を使用して圧縮できます。2ビットグレースケールセグメントは、JBIG圧縮を使用して圧縮できます。8ビットグレースケールセグメントは、JPEG、LEAD CMPまたはLEAD CMW圧縮を使用して圧縮でき、ピクチャはJPEG、LEAD CMPまたはLEAD CMW圧縮を使用して圧縮できます。これらの圧縮計画の一部は、制御されるために圧縮の量を許可するQファクターを使います。

© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.