LEADTOOLS OCR

フレームを表示

OCRエンジンを開始した後に、ドキュメントページで機能し始めることができます。ページは、OCRドキュメントの有無にかかわらず機能することができます。

LEADTOOLS OCRメソッドは、OCRページで機能するとき、サポートを以下に提供します:

Leadtools .NET OCRでプログラミングにおいて説明されるように、IOcrPageページはIOcrDocumentを使うことなくCreatePageを用いて直接作成されることができますオブジェクト。これらのページはゾーンに分けられることができて、認められることができます、そして、OCR結果はGetTextまたはGetRecognizedCharactersを用いて直接得られることができます。

ページがPDFまたはDOCXなどの最終的なドキュメントに保存されることになっているならば、IOcrDocumentインスタンスは必要とされます。

IOcrDocumentのインスタンスは、ドキュメントのページを格納します。IOcrDocumentManager.CreateDocumentメソッドを用いて新しいOCRドキュメントを作成することができます。このメソッドは、メモリベースであるかファイルベースのドキュメントの作成を許可します。

各々のOCRドキュメントは、一つ以上のページ(IOcrPageオブジェクト)を持っていることができます。各々のIOcrDocumentは、ドキュメントのページにアクセスするために使うことができる型IOcrPageCollectionIOcrDocument.Pagesプロパティを格納します。

IOcrDocument.Pagesプロパティを通してのIOcrDocumentは、IOcrPageオブジェクトのコレクションを保持します。これらのIOcrPageオブジェクトの各々は、手動で、または、自動ゾーニングを通して追加されるページのためにもそれ(imageはページがロードされるか、追加される時を使いました)とOCRゾーンのグループを作成するのに用いられるラスター画像を格納します。

IOcrPageCollectionインターフェースは標準的な.NETコレクション{T}IList{T}IEnumerableな{T}インターフェースを実装します、そして、それゆえに、ドキュメントがメモリベースであるならば、ドキュメントの様々なページを追加して、削除して、取得して、設定して、終わりまで反復処理するためにこれらのインターフェースのメンバを使うことができます。

ファイルベースのドキュメントのために、ドキュメントにページを追加することは現在の認識データのスナップショットを撮ることが必要です、そして、内部的にそれを保存します。ページ自体は、コレクションに追加されないで、メモリ内のとどまるために必要でありません。コレクションはドキュメントの上のリードオンリーのビューです、そして、ユーザーは新しいページを追加することができて、削除することができないか、終わりまで反復処理することができるだけです

以下のリストは、IOcrPageCollectionインターフェースの大きな機能性を格納します:

参照

参照

概要
ご使用にあたって(サンプルプログラムへのガイド)
LEADTOOLSは、.NETアセンブリのOCR処理を行います
LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング
OCR認識モジュールの概要
OCRエンジンインスタンスの作成
OCRエンジンの開始と終了
LEADTOOLS OCRによるマルチスレッド
OCRスペル言語辞書
OCR言語の操作
OCRゾーンの操作
OCRページを認めること
OCR信用度の報告
LEADTOOLS .NET OCRのOMRを使用して
OCR言語とスペルチェック
エンジンに特有の設定のOCR処理を行います
OCRチュートリアル - ゾーンの追加と描画
OCRチュートリアル - ページの操作
OCRチュートリアル - ページの認識
OCRチュートリアル - 認識結果の操作
OCRチュートリアル - 検索可能PDFのスキャン
IOcrAutoRecognizeManager