LEADTOOLS OCR

フレームを表示

認識プロセスを開始する前に、以下のプロパティを修正することができます:

Leadtools.Forms.Ocr.IOcrSpellCheckManager.SpellCheckEngineはチェックサブシステムを有効または無効にするのに用いられます。そして、それが検証において使われます。

すべての必要な認識オプションが設定されたとき、ページはIOcrPage.Recognizeを呼び出すことによって認められることができます。

認識が完了していたあと、認識された文字は得られることができます、そして、認識結果はファイル(.NETストリーム)に、または、メモリに保存されることができます。

特定のページのために認識される文字のコレクションは、IOcrPage.GetRecognizedCharactersを用いて得られることができます。文字のこのコレクションを調べることができて、それを修正することさえできて、IOcrPage.SetRecognizedCharactersメソッドで認識データを更新することができます。

認識結果は、IOcrDocument.Saveを呼び出すことによって、ファイルまたは.NETストリームに保存されることができます。このメソッドは、保存する(PDF、DOC、TXTなど)ために文書形式の型を指定するために、DocumentFormatパラメーターをとります。LEADTOOLS .NET OCRは、出力ファイルにOCR結果を保存するために、Leadtools.Forms.DocumentWritersアセンブリを使います。

ドキュメントライタでサポートされるいろいろな形式に加えて、認識結果は、IOcrDocument.SaveXmlを用いたXMLとして保存されることもできます。

認識結果は、IOcrPage.GetTextメソッドを呼び出している単純な.NET stringオブジェクトに、直接得られることもできます。

最後に、認識プロセスに使われる特殊キャラクターを取得または設定するために、IOcrDocumentManager.RejectionSymbolと関連したIOcrDocumentManager.MissingSymbolプロパティを使います。

参照

参照

概要
ご使用にあたって(サンプルプログラムへのガイド)
LEADTOOLSは、.NETアセンブリのOCR処理を行います
LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング
OCR認識モジュールの概要
OCRエンジンインスタンスの作成
OCRエンジンの開始と終了
LEADTOOLS OCRによるマルチスレッド
OCRスペル言語辞書
OCR言語の操作
OCRページの操作
OCRゾーンの操作
OCR信用度の報告
LEADTOOLS .NET OCRのOMRを使用して
OCR言語とスペルチェック
エンジンに特有の設定のOCR処理を行います
OCRチュートリアル - ゾーンの追加と描画
OCRチュートリアル - ページの操作
OCRチュートリアル - ページの認識
OCRチュートリアル - 認識結果の操作
OCRチュートリアル - 検索可能PDFのスキャン