LEADTOOLS OCR

フレームを表示

Document/Medicalスキャンした文書には、点、しみ、ライン、境界線、パンチ穴などの不要な要素が多数含まれます。LEADTOOLSは、点、小塊、行、境界、パンチ穴、反転ページ、反転テキスト、バンプと裂け目を削除することによってスキャンされたドキュメントの外観を改善する多数のクラスを提供します。これらのクラスは、以下のテーブルにリストされます:

Leadtools.ImageProcessing.Coreクラス WCFサポート 説明
SmoothCommand 滑らかな 1ビットの白黒画像に含まれる突起を平らにならし、裂け目を補修します。
BorderRemoveCommand BorderRemove 1-ビット白黒のimageで、黒い境界を削除します。

LineRemoveCommand

LineRemove 1-ビット白黒のimageで、水平および垂直の行を削除します。

DotRemoveCommand

DotRemove

さまざまなサイズの点やシミを見つけて除去します。

HolePunchRemoveCommand

HolePunchRemove

パンチ穴を見つけて、削除します。
InvertedTextCommand InvertedText 1-ビット白黒のimageで、反転テキストの領域を見つけて、修正します。
InvertedPageCommand InvertedPage チェックとオートコレクト機能は、倒立像(1-ビットまたはカラー)です。
HighQualityRotateCommand HighQualityRotate 1-ビット白黒のimageの上で、高品質回転を実行します。

これらのクラスの各々は、ドキュメントから離れたすべての要素を格納するLEADリージョン(Leadtools.ImageProcessing.Core)またはWindowsリージョン(全3つ)を得るだけのことができる標識を利用します。また、イベントハンドラは、カスタマイズされたリージョン処理を提供するために、許可します、創造するのと同じくらいよく独自の削除されたリージョンの複合。

イメージは、以下のコマンドを用いてまっすぐにされることができます:

Leadtools.ImageProcessing.Coreクラス WCFサポート 説明
DeskewCommand 傾き補正.

前処理カラーイメージに関して詳しくは、OCRの画像の事前処理を参照します。