LEADTOOLS Leadtools.Documents

フレームを表示

LEADTOOLSドキュメントライブラリは、ユーザードライブからキャッシュシステムまでアップロードドキュメントをサポートします。キャッシュがユーザーにアクセスできない別々のマシンでホストされるとき、このサポートは便利になります。たとえば、そのとき、ドキュメントクラスは、JavaScriptまたは豊かなクライアントアプリケーションでウェブサービスでホストされます。LEADTOOLSドキュメントのHTML5/JavaScriptバージョンなどの、LEADTOOLSを用いたビューワは、ウェブサービスを文書化します。

ドキュメントをアップロードすることは、ObjectがDocumentFactory.UploadDocumentに渡されるLEADTOOLSキャッシュまたはセットアップの有効なインスタンスだけをサポートされますグローバルなDocumentFactory.Cacheプロパティ。

ドキュメントをアップロードするためのすべてのメソッドは、DocumentFactoryクラスです。ドキュメントをアップロードすることは、プログレスバーを示して、必要に応じて、アプリケーションを中止するのにユーザーを見込むために、チャンクでされることができます。以下は、この操作を実行するために必要な手順です:

  1. アプリケーションは、最初にドキュメントの位置のためにユーザーを促さなければならなくて、それからオリジナルファイルに読み込みアクセスでファイルストリームオブジェクトを得なければなりません。

  2. 任意のオプションの値で値を入力されることができるUploadDocumentOptionsのインスタンスを作成して、それからBeginUploadメソッドを呼び出します。このメソッドは、IDへの一時的なURLオブジェクトがIDにDocumentFactoryによって以降の呼び出しのためにこのドキュメントを作成したと答えます。これは以下の仕組みleadcache://unique_guid_identifierのカスタムURL値で、アップロードメソッドの残り以外の何によっても使われるはずでありません。この値は、この点でローカル変数でアプリケーションで保存されなければなりません。

  3. byte配列にソースファイルからチャンクを読みます。このチャンクのサイズは、ユーザー次第です。チャンクサイズが大きければ大きいほど、全体のアップロード操作は短くなりますが、チャンクが大きすぎるとサーバーへの接続が悪くなります。64Kは、必要最低限です。一度チャンクが読まれたら、BeginUploadとデータのチャンクから得られるURL値を渡しているDocumentFactory.UploadDocumentメソッドを呼び出します。

  4. すべてのファイルが読まれて、アップロードされるまで、繰り返します。そして、リモートURLからドキュメントをロードして、DocumentFactoryクラスがURLの値とこれが物理ファイルにアクセスしないで、アップロードされたデータから代わりにドキュメントを解析するアップロードされたドキュメントである缶IDを確認するとき、通常通り単にLoadFromUriメソッドを呼び出します。Documentオブジェクトが破棄されるとき、データはキャッシュで保存されて、破棄されます、そして、そのキャッシュ項目は期限切れになられます。

  5. 一度Documentオブジェクトが得られたら、アップロードURLが必要でありません。Documentオブジェクト自体とDocumentIdは、通常通り、今後ドキュメントと対話するのに用いられます。

  6. ドキュメントをアップロードすることの間、いかなる点でも、DocumentFactory.AbortUploadDocumentは操作を中止するために呼び出されることができます、そして、DocumentFactoryはすぐにキャッシュからここまでアップロードされるデータを削除します。

サンプルのために、参照しますDocumentFactory.BeginUpload

参照

参照

ドキュメントライブラリ機能
LEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したロード
ドキュメントライブラリ座標システム
ドキュメントライブラリを使用した暗号化ファイルのロード
ドキュメントライブラリによるテキストの解析
ドキュメントライブラリによるバーコード処理
LEADTOOLSドキュメントビューワの使用
LEADTOOLSドキュメントコンバーターの使用