LEADTOOLS Leadtools.Documents

フレームを表示

PDFなどの一部の文書は、オプションで暗号化をサポートしています。使用前にはパスワードで解読できる必要があります。

そのようなドキュメントをロードするためにDocumentFactoryを使うとき、Documentオブジェクトは通常通り作成して返されます。ただし、正しいパスワードを適用して解読しなければ、暗号化されたまま使用できません。使用できないというのは、文書の情報プロパティのみは使用できる(そのDocumentIdDocumentTypeとMimeTypeなど)ものの、ページコレクションは空で文書と対話できず詳細な情報を得られない、ということです。

パスワードフレーズを渡す2つの方法は、ドキュメントを解読しました:

  1. LoadDocumentOptions.Passwordプロパティでパスワードを設定すること。これはとても簡単な方法ですが、文書をロードする前に正しいパスワードを入手する必要があります。文書がリモートの位置にありDocumentFactory.LoadFromUriを使ってロードする場合、キャッシュまたは一時ファイルにダウンロードされ、その後、パスワードを適用することになります。

    パスワードが間違っていると例外がスローされ、文書は削除されます。

    別のパスワードで再試行する場合、DocumentFactory.LoadFromUriをもう一度呼び出してプロセス全体をやり直す必要があり、最適なソリューションではありません。

  2. DocumentFactory.LoadFromUriLoadDocumentOptions.Passwordで呼び出すと、nullに設定されます。ドキュメントは、以下の属性値で返されます:

    Document.IsEncryptedはtrueに設定されます(暗号化されています)。Document.IsDecryptedはfalseに設定されます(解読されていません)。

    アプリケーションは、この値を確認し、パスワードを入力するようユーザーに求めます。Document.IsDecryptedプロパティをチェックしながら、パスワードを使って必要な回数だけDocument.Decryptを呼び出します。このプロパティがtrueになるとき、正しいパスワードが適用され、文書はロック解除されて使用できるようになります。

    サンプルのために、参照します Document.IsEncrypted

参照

参照

ドキュメントライブラリ機能
LEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したロード
LEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したアップロード
ドキュメントライブラリ座標システム
ドキュメントライブラリによるテキストの解析
ドキュメントライブラリによるバーコード処理
LEADTOOLSドキュメントビューワの使用
LEADTOOLSドキュメントコンバーターの使用