LEADTOOLS Medical

フレームを表示

ユーザーID対象

ユーザーID対象は、実世界の中に存在するユーザーを識別します。ユーザーには、様々なアプリケーションのために様々なログオン名があることができます。対象識別子項目の部位定義のサフィックスは、様々なアプリケーションのためにユーザーログオン名を区別します。

ユーザー対象は、以下の属性を持っています:

対象のラベル 「ユーザー」
Subject型。 ID
同期 Constant
セキュリティ 対象を設定することを認証に要求します
Subject依存 None
マッピングエージェントクーポン値 -2

ユーザーリンクされたアプリケーションは、コンテキストデータを取得または設定するとき、適切なサフィックス(またはサフィックス)を使うために可変でなければなりません。任意のアプリケーションは、すべてのユーザーリンクされたアプリケーションで休みのユーザーをログ記録することができます。アプリケーションは、空になりやすいユーザーを設定することによって、休みのユーザーをログ記録します。


ユーザー対象は、以下の標準的なコンテキストデータ項目を持っています。ユーザーにリンクされたアプリケーションは、以下のテーブルにリストされる項目の少なくとも1つののために、値を設定しなければなりません:

ユーザーSubject識別子項目名 意味 データ型。 値の上の意味条件 大文字/小文字の区別
User.Id.Logon.Suffix ユーザーのログオン名 ST None 値は大文字と小文字の区別ができます。
たとえば、「gsmith」と「gsmith」は、2つの様々なログオンID値です

アプリケーションは、以下のテーブルにリストされる項目を実証するために、値を必要に応じて設定することができます:

項目名を実証しているユーザーSubject 意味 データ型。 値の上の意味条件 大文字/小文字の区別
User.Co.Name ユーザーの名前(HL7のための意味でない) XPN None いいえ

ユーザーSubject項目の例は、以下のテーブルにリストされます:

サンプル項目名 サンプル項目値
User.Id.Logon.LEADTOOLS_Demo_Workstation g_smith
User.Id.Logon.Visage gsmith
User.Id.Logon.CareView gs1229
User.Co.Name Gabi Smith
© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.