LEADTOOLS Medical

フレームを表示

観察要求ID対象

観察要求ID対象は、テスト、手順または観察の要求または命令を表します。観察は、観察要求の結果値、観察値のタイプとこれらの値の上の制約です。これは、順序レベルでシステムの間でコンテキストシェアリングを許可します。

観察対象は、以下の属性を持っています:

対象のラベル 「観察」
Subject型。 ID
同期 Constant
セキュリティ None
Subject依存 患者対象に依存している
マッピングエージェントクーポン値 -4

アプリケーションは、複数の観察タイプを管理することができます。それは、すべての観察タイプのために観察要求コンテキストを確立することができないかもしれません。本部のための場合は、累積するデータリポジトリ(CDR)が複数のソースから生じるほどのものです。コンテキスト(すなわち発注番号)を設定する必須のデータが一つ以上の起動システムで提供されないならば、CDRは観察要求対象を設定することができないでしょう。この場合には、観察-リンク対応CDRアプリケーションは、空にする観察要求コンテキストを設定しなければなりません。

典型的な観察要求(注文等)は、要求を行う1つのシステムに関連づけられます。しかし、1つ以上のシステムは、要求結果を処理するかもしれないか、保持するかもしれません。サンプルは、結果が原文の印象(すなわちレポート)と支えるイメージから構成される胸部X線命令であるでしょう。PACSシステムには関連づけられるイメージがあるのに対して、レポート結果は1つのシステムにあるかもしれません。こうした状況では、両系は、2つの様々な結果を識別するために、同じ発注番号を使うかもしれません。部位定義のサフィックスが、観察要求対象のすべてのコンテキスト項目を定義するとき、使われることができます。Observation-Link-対応アプリケーションは、観察コンテキストデータを取得または設定するために適切なサフィックス(またはサフィックス)を使うために可変でなければなりません。CCOW標準は、HL7 Messageヘッダセグメントコンポーネント3(MSH-3)のためにサフィックスのための値と同じくらい定義されるシステムIDを使うことを勧めます。


観察対象は、以下の標準的なコンテキストデータ項目を持っています。観察リンクされたアプリケーションは、以下のテーブルにリストされる項目の少なくとも1つののために、値を設定しなければなりません:

観察要求Subject識別子項目名 意味 データ型。 値の上の意味条件 大文字/小文字の区別
Observation.Id.Placer_Order_Number.Suffix OBR-2につき発注側オーダー番号 EI None いいえ
Observation.Id.Filler_Order_Number.Suffix OBR-3につき受注側オーダー番号 EI None いいえ

アプリケーションは、以下のテーブルにリストされる項目を実証するために、値を必要に応じて設定することができます:

項目名を実証している観察要求Subject 意味 データ型。 値の上の意味条件 大文字/小文字の区別
Observation.Co.System_Id.Suffix MSH-3につきアプリケーション識別子 HD None いいえ
Observation.Co.Service_Id.Suffix OBR-4につきユニバーサルサービス識別子 ST None いいえ
Observation.Co.Date_Time.Suffix OBR-7につき観察Date/時間 TS None いいえ
Observation.Co.Service_Desc.Suffix OBR-3.2につきサービス説明(詰め物の注文#のコンポーネント) EI None いいえ

Subject項目が以下のテーブルにリストされるという観察の例:

サンプル項目名 サンプル項目値
Observation.Id.Filler_Order_Number.HIS1 0111234519990723134223
Observation.Co.System_Id.HIS1 HIS1
Observation.Co.Service_Id.ISEKG EKG
Observation.Co.Date_Time.ISEKG 2009723134223
© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.