LEADTOOLS Medical

フレームを表示

カスタムSubjectと項目命名規約

CCOW標準は、個々の組織が標準的な対象のためにカスタム対象またはカスタム項目を定義するのを許します。カスタム対象と項目は、ドキュメント健康レベル-7規格基準コンテキスト管理仕様(Subjectデータ宣言)で指定されているデータ宣言と必須の命名規約規則に従う必要があります。

一般的な仕組みは、対象または項目名へのプレフィックスとしてメタディスクリプタを追加することです。この一意なディスクリプタは、組織のワールドワイドウェブコンソーシアム(W3C)ドメイン名を使用しなければなりません。カスタム対象(Medicorイメージングによって定義されてながら示される)のサンプルは、以下の通りです:

[medicorimaging.com]DateRange

カスタム対象の中の項目のサンプルは、以下の通りです:
[medicorimaging.com]DateRange.id.[medicorimaging.com]StartDate

標準的な患者対象(GE/マルケット医用システムで定義されるように、示される)の中のカスタム項目のサンプル:
Patient.Co.[mei.com]Current_medications

目的のディスクリプタが以下の規則から推論されることができるとき、ディスクリプタは省略されることができます:

  1. デフォルトのディスクリプタは、あります[hl7.org]。
  2. 項目名が項目の項目名で使われるものとは異なるディスクリプタを格納しない限り、対象ディスクリプタは対象の中ですべての項目の役に立ちます。
  3. ディスクリプタが推論されることができるときはいつでも、コンテキストマネージャはそれが返す任意の項目の項目名や項目名からそのクライアントまでディスクリプタ(含む[hl7.org]こと)を省略します。
  4. ディスクリプタがそうでない場合推論されることができたコンテキストデータ偶数にアクセスするとき、コンテキスト参加者はディスクリプタを必要に応じて使うかもしれません。

組織は、もう一つの組織によって定義されるカスタム対象のために、カスタム項目を定義することができます。以下の例は、同じカスタム対象のために3つの様々な項目を識別します:
[medicorimaging.com]DateRange.id.[medicorimaging.com]StartDate
[medicorimaging.com]DateRange.id.[mipacs.com]EndDate
[medicorimaging.com]DateRange.id.[mipacs.com]StartDate

注意:DateRange.id.[medicorimaging.com]StartDateのように[medicorimaging.com]項目[medicorimaging.com]DateRange.id.[mipacs.com]StartDateが同じことでないために。

© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.