LEADTOOLS Medical

フレームを表示

コンテキスト組織とデータ定義

コンテキストマネージャは、コンテキストセッションの間一般の臨床コンテキストデータを維持管理します。コンテキストマネージャは一組のデータ項目としてコンテキストデータをまとめて、コンテキスト対象によってデータ項目を集めます。標準で定義されるコンテキスト対象の3つのクラスが、あります:

名前/値組は、コンテキスト対象のデータ項目を表します。対象がID対象であるならば、1つの値は実世界エンティティまたは概念のために識別子を表す必要があります。対象がアノテーション対象であるならば、一組の各項目は全体的なアノテーションの中でデータ項目を表します。対象がアクション対象であるならば、各項目はアクション要求またはアクションを実行する結果を表します。アプリケーションが開発でコンテキスト対象と関連づけられるデータ宣言をはっきりして明白に理解することを確実にするために、HL7は標準的な対象を定義しました。これらの対象は、事前定義許される名前と標準的なデータ項目を持っています。標準的な対象に加えて、組織はカスタム対象を定義することができます。

IDとアノテーション対象は、コンテキストセッションの長さの間、コンテキストで残ります。これらの対象によって表されるデータは時間とともに更新されます、そして、コンテキストシェアリングの基礎として用いられます。アクション対象のデータは一時的で、コンテキストの中で持続しません。それは、アクション要求の時間だけからアクションの完了までコンテキストの中に存在します。

© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.