LEADTOOLS Medical

フレームを表示

証明書アノテーションSubject

証明書アノテーション対象は、アプリケーションがユーザーのために一般の証明書を共有するのを可能にします。これは、現在のユーザーID対象で識別されるユーザーのためにデジタル証明書を保持するアノテーション対象です。

証明書アノテーション対象は、PKCS(公開鍵暗号文標準)#12で定義される証明書交換形式を使います。PFX(平行したフレームワーク機能拡張)のパスワードプライバシー方法は、どちらのパスワードまたはパスフレーズに拠点を置くユーザー証明書保護でも使用可能にします。ユーザーは、証明書を使うために必要なアプリケーションに、パスワードまたはパスフレーズを供給します。パスフレーズは、証明書対象で維持管理される証明書を保護しなければなりません。

証明書アノテーション対象は、以下の属性を持っています:

対象のラベル 「証明書」
Subject型。 アノテーション
同期 Constant
セキュリティ 認証は、設定するか、対象を取得するために必要です
Subject依存 ユーザー
マッピングエージェントクーポン値 -5

ユーザー対象が変更するたびに、証明書アノテーション対象は変更されなければならないか、クリアされなければなりません。理想的には、部位のユーザーは全てのアプリケーションにより用いられる1つの証明書だけを持っていなければなりません、しかし、それがすべての部位のための場合であるというわけではないかもしれません。可変な、特定用途向けサフィックスが証明書項目に追加したサイトは、証明書を区別することができます。証明書-リンク対応アプリケーションは、適切なサフィックスで項目を取得して設定することができなければなりません。

証明書アノテーション対象は、以下の標準的なコンテキストデータ項目を持っています。証明書アノテーションエージェントは、以下のテーブルにリストされる項目の少なくとも1つののために、値を設定しなければなりません:

証明書Subjectアノテーション項目名 意味 データ型。 値の上の意味条件 大文字/小文字の区別
Certificate.An.User.Suffix PKCS#12で定義されるPFXのユーザーの証明書データ XPN None いいえ

証明書アノテーションエージェントは、以下のテーブルにリストされる項目を実証するために、値を必要に応じて設定することができます:

証明書Subjectアノテーション項目名 意味 データ型。 値の上の意味条件 大文字/小文字の区別
Certificate.An.UserName ユーザー名 XPN None いいえ

証明書Subject項目の例は、以下のテーブルにリストされます:

サンプル項名前 サンプル項目値
Certificate.An.User <カレントユーザのために一般の証明書を格納しているPFX>
Certificate.An.User.MiPACS <論理学者に特有の証明書を格納しているPFX>
Certificate.An.UserName Jason^King^^^^
© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.