LEADTOOLS Svg(Leadtools.Svgアセンブリ)

フレームを表示

Boundsプロパティ(SvgDocument)






このSvgDocumentの物理的な(ピクセル)境界と解像度を取得します。
構文
public SvgBounds Bounds {get;}
'Declaration
 
Public ReadOnly Property Bounds As SvgBounds
'Usage
 
Dim instance As SvgDocument
Dim value As SvgBounds
 
value = instance.Bounds
- (nullable LTSvgBounds *)bounds:(NSError **)error
public SvgBounds getBounds()
public:
property SvgBounds Bounds {
   SvgBounds get();
}

属性値

このSvgDocumentの物理的な(ピクセル)境界と解像度。
解説

フラットなSVGドキュメントと境界と解像度の詳細については、SVGのサイズ、領域およびフラットを参照します。

CalculateBoundsを呼び出す前、Bounds.IsValid値はFalseであり文書では物理境界(ピクセル)は計算されていません。SvgBoundsメンバの残りが、使われるべきでありません。

CalculateBoundsメソッドは、内部的にすべての要素を列挙して、変換を解決することによって、ドキュメントの物理的な(ピクセル)境界を計算します。このメソッドが返るとき、境界のメンバは以下のように設定されます:

メンバ 説明
SvgBounds.IsValid

true

SvgBounds.IsTrimmed

『トリムされる』ものの値は、CalculateBoundsに渡しました

SvgBounds.Resolution

96または300 DPIなどの値は、SVG要素から自動的に計算しました。この値が計算されることができないならば、それは0のデフォルト値に設定されます。

SvgBounds.Bounds

ピクセル単位でドキュメント物理的な境界。

手動でドキュメントの物理的な(ピクセル)境界を設定するために、SetBoundsを使います。

適所にドキュメントを平らにするか、SvgDocumentのフラットなコピーを返すために、フラットToFlatを使います。

このSvgDocumentがフラットかどうか決定するために、IsFlatを使います。設定するか、ドキュメントの境界を再計算することなく内部の平坦化フラグをクリアするために、SetFlatを使います。

サンプル

サンプルのために、参照しますSvgDocument

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

SvgDocumentクラス
SvgDocumentメンバ

  Leadtools.Svgは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能