LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

PerlinCommandコンストラクタ(Int32、Int32、Int32、Int32、RasterColor、RasterColor、Int32、Int32、Int32、Int32、NoiseLayoutType)








偽ランダム化プロセスの間最初のシーディング値を表す値。自動シーディングのために0を使います。他のパラメータがつきあわれるならば、各々の種値は常に同じエフェクトを生じます。各々の種値は、他の種値の全てとは異なるエフェクトを生じます。設定可能な値は、0以上です。
xとy軸のために周波数成分を表す値。設定可能な値は、0から16にわたります。値が0であるならば、ノイズは作成されません。この値を増やすことは、ノイズを増やします。
計算される繰返しの数を表す値。設定可能な値は、0から8にわたります。値が0であるならば、ノイズは作成されません。この値を増やすことは、ノイズ(計算時間だけでなく)で、詳細を増やします。
オリジナルのimageをノイズと結合するとき、使われるパーセンテージを表す値。設定可能な値は、0~100です。0の値はノイズが使われていないことを示します、そして、100の値はノイズとimageの混合を表します。
背景色を表すRasterColor値。
Perlinノイズカラーを表すRasterColor値。
x座標(ピクセル単位で、そして、同心円の中央点のために、image座標の)。設定可能な値は、0からimageの高さにわたります。このパラメーターは、PF_Circleフラグが設定された場合のみ使用されます。
y座標(ピクセル単位で、そして、同心円の中央点のために、image座標の)。設定可能な値は、0からimageの高さにわたります。このパラメーターは、PF_Circleフラグが設定された場合のみ使用されます。
値は、ノイズimageのために作成される円形または行の周波数を制御しました。有効な値は、0~100です。この値を増やすと、描画される円または行の数が増加します。
生み出されたノイズのためにレイアウトの密度を表す値。設定可能な値は、0~100です。低いdenLayout値を使うとき、ノイズは軽いカラーで表示されます。
どのようにエフェクトを適用するべきか、そして、ノイズのためにどのレイアウトパターンを使うべきか示すFlags。
明示的なパラメータで新しいPerlinCommandクラスオブジェクトを初期化します。
構文
public PerlinCommand( 
   int seed,
   int frequency,
   int iteration,
   int opacity,
   RasterColor backColor,
   RasterColor perlinColor,
   int xCircle,
   int yCircle,
   int freqLayout,
   int denLayout,
   NoiseLayoutType perlinFlags
)
'Declaration
 
Public Function New( _
   ByVal seed As Integer, _
   ByVal frequency As Integer, _
   ByVal iteration As Integer, _
   ByVal opacity As Integer, _
   ByVal backColor As RasterColor, _
   ByVal perlinColor As RasterColor, _
   ByVal xCircle As Integer, _
   ByVal yCircle As Integer, _
   ByVal freqLayout As Integer, _
   ByVal denLayout As Integer, _
   ByVal perlinFlags As NoiseLayoutType _
)
'Usage
 
Dim seed As Integer
Dim frequency As Integer
Dim iteration As Integer
Dim opacity As Integer
Dim backColor As RasterColor
Dim perlinColor As RasterColor
Dim xCircle As Integer
Dim yCircle As Integer
Dim freqLayout As Integer
Dim denLayout As Integer
Dim perlinFlags As NoiseLayoutType
 
Dim instance As New PerlinCommand(seed, frequency, iteration, opacity, backColor, perlinColor, xCircle, yCircle, freqLayout, denLayout, perlinFlags)
public PerlinCommand( 
   int seed,
   int frequency,
   int iteration,
   int opacity,
   RasterColor backColor,
   RasterColor perlinColor,
   int xCircle,
   int yCircle,
   int freqLayout,
   int denLayout,
   NoiseLayoutType perlinFlags
)

            

            
function PerlinCommand( 
   seed ,
   frequency ,
   iteration ,
   opacity ,
   backColor ,
   perlinColor ,
   xCircle ,
   yCircle ,
   freqLayout ,
   denLayout ,
   perlinFlags 
)
public:
PerlinCommand( 
   int seed,
   int frequency,
   int iteration,
   int opacity,
   RasterColor backColor,
   RasterColor perlinColor,
   int xCircle,
   int yCircle,
   int freqLayout,
   int denLayout,
   NoiseLayoutType perlinFlags
)

パラメーター

偽ランダム化プロセスの間最初のシーディング値を表す値。自動シーディングのために0を使います。他のパラメータがつきあわれるならば、各々の種値は常に同じエフェクトを生じます。各々の種値は、他の種値の全てとは異なるエフェクトを生じます。設定可能な値は、0以上です。
周波数
xとy軸のために周波数成分を表す値。設定可能な値は、0から16にわたります。値が0であるならば、ノイズは作成されません。この値を増やすことは、ノイズを増やします。
繰返し
計算される繰返しの数を表す値。設定可能な値は、0から8にわたります。値が0であるならば、ノイズは作成されません。この値を増やすことは、ノイズ(計算時間だけでなく)で、詳細を増やします。
不透明度
オリジナルのimageをノイズと結合するとき、使われるパーセンテージを表す値。設定可能な値は、0~100です。0の値はノイズが使われていないことを示します、そして、100の値はノイズとimageの混合を表します。
backColor
背景色を表すRasterColor値。
perlinColor
Perlinノイズカラーを表すRasterColor値。
xCircle
x座標(ピクセル単位で、そして、同心円の中央点のために、image座標の)。設定可能な値は、0からimageの高さにわたります。このパラメーターは、PF_Circleフラグが設定された場合のみ使用されます。
yCircle
y座標(ピクセル単位で、そして、同心円の中央点のために、image座標の)。設定可能な値は、0からimageの高さにわたります。このパラメーターは、PF_Circleフラグが設定された場合のみ使用されます。
freqLayout
値は、ノイズimageのために作成される円形または行の周波数を制御しました。有効な値は、0~100です。この値を増やすと、描画される円または行の数が増加します。
denLayout
生み出されたノイズのためにレイアウトの密度を表す値。設定可能な値は、0~100です。低いdenLayout値を使うとき、ノイズは軽いカラーで表示されます。
perlinFlags
どのようにエフェクトを適用するべきか、そして、ノイズのためにどのレイアウトパターンを使うべきか示すFlags。
サンプル

imageの上のPerlinCommandを実行します、そして、Perlinフィルタを適用します。

Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects

<TestMethod()> _
Public Sub PerlinConstructorExample()
   Dim codecs As New RasterCodecs()
   codecs.ThrowExceptionsOnInvalidImages = True
   Dim leadImage As RasterImage = codecs.Load(Path.Combine(LEAD_VARS.ImagesDir, "IMAGE1.CMP"))

   ' Prepare the command
   Dim backColor As New RasterColor(0, 0, 0)
   Dim perlinColor As New RasterColor(0, 255, 0)
   Dim command As New PerlinCommand(0, 16, 8, 75, backColor, perlinColor, CInt(leadImage.Width / 2), CInt(leadImage.Height / 2), 50, 1, NoiseLayoutType.PF_Combine Or NoiseLayoutType.PF_Circle)
   command.Run(leadImage)
   codecs.Save(leadImage, Path.Combine(LEAD_VARS.ImagesDir, "Result.jpg"), RasterImageFormat.Jpeg, 24)

End Sub

Public NotInheritable Class LEAD_VARS
Public Const ImagesDir As String = "C:\Users\Public\Documents\LEADTOOLS Images"
End Class
using Leadtools;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects;

[TestMethod]
public void PerlinConstructorExample()
{
   // Load an image
   RasterCodecs codecs = new RasterCodecs();
   codecs.ThrowExceptionsOnInvalidImages = true;
   RasterImage image = codecs.Load(Path.Combine(LEAD_VARS.ImagesDir, "IMAGE1.CMP"));

   // Prepare the command
   RasterColor backColor   = new RasterColor (0, 0, 0);
   RasterColor perlinColor = new RasterColor (0, 255, 0);
   PerlinCommand command = new PerlinCommand(0, 16, 8, 75, backColor, perlinColor, image.Width / 2, image.Height / 2, 50, 1, NoiseLayoutType.PF_Combine | NoiseLayoutType.PF_Circle);

   command.Run(image);
   codecs.Save(image, Path.Combine(LEAD_VARS.ImagesDir, "Result.jpg"), RasterImageFormat.Jpeg, 24);

}

static class LEAD_VARS
{
public const string ImagesDir = @"C:\Users\Public\Documents\LEADTOOLS Images";
}
using Leadtools;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects;

[TestMethod]
public async Task PerlinConstructorExample()
{
   // Load an image
   RasterCodecs codecs = new RasterCodecs();
   codecs.ThrowExceptionsOnInvalidImages = true;
   string srcFileName = @"Assets\Image1.cmp";
   StorageFile loadFile = await Tools.AppInstallFolder.GetFileAsync(srcFileName);
   RasterImage image = await codecs.LoadAsync(LeadStreamFactory.Create(loadFile));

   // Prepare the command
   RasterColor backColor   = RasterColorHelper.Create(0, 0, 0);
   RasterColor perlinColor = RasterColorHelper.Create(0, 255, 0);
   PerlinCommand command = new PerlinCommand(0, 16, 8, 75, backColor, perlinColor, image.Width / 2, image.Height / 2, 50, 1, NoiseLayoutType.PF_Combine | NoiseLayoutType.PF_Circle);

   command.Run(image);

   string destFileName = @"result.bmp";
   StorageFile saveFile = await Tools.AppLocalFolder.CreateFileAsync(destFileName);
   await codecs.SaveAsync(image, LeadStreamFactory.Create(saveFile), RasterImageFormat.Bmp, 24);
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

PerlinCommandクラス
PerlinCommandメンバ
オーバーロードリスト