LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

Seedプロパティ(PerlinCommand)








偽ランダム化プロセスの間最初のシーディング値を表す値を取得または設定します。自動シーディングのために0を使います。
構文
public int Seed {get; set;}
'Declaration
 
Public Property Seed As Integer
'Usage
 
Dim instance As PerlinCommand
Dim value As Integer
 
instance.Seed = value
 
value = instance.Seed
public int Seed {get; set;}

            

            
 
get_Seed();
set_Seed(value);
Object.defineProperty('Seed');
public:
property int Seed {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

フィルタがある偽ランダム化プロセスの間最初のシーディング値を表す値は、適用しました。自動シーディングのために0を使います。他のパラメータがつきあわれるならば、各々の種値は常に同じエフェクトを生じます。各々の種値は、他の種値の全てとは異なるエフェクトを生じます。設定可能な値は、0以上です。
サンプル
PerlinCommandサンプルを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

PerlinCommandクラス
PerlinCommandメンバ