LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

Opacityプロパティ(PerlinCommand)








オリジナルのimageをノイズと結合するとき、パーセンテージが使われることを示す値を取得または設定します。
構文
public int Opacity {get; set;}
'Declaration
 
Public Property Opacity As Integer
'Usage
 
Dim instance As PerlinCommand
Dim value As Integer
 
instance.Opacity = value
 
value = instance.Opacity
public int Opacity {get; set;}

            

            
 
get_Opacity();
set_Opacity(value);
Object.defineProperty('Opacity');
public:
property int Opacity {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

オリジナルのimageをノイズと結合するとき、パーセンテージが使われることを示す値。設定可能な値は、0~100です。PF_CombineまたはPF_Differenceフラグが設定されるならば、このパラメーターが使われます。0の値はノイズが使われていないことを示します、そして、100の値はノイズとimageの混合を表します。
サンプル
PerlinCommandサンプルを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

PerlinCommandクラス
PerlinCommandメンバ