LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Effectsアセンブリ)

フレームを表示

Sharpnessプロパティ








シャープネスを変更するために、量を取得または設定します。
構文
public int Sharpness {get; set;}
'Declaration
 
Public Property Sharpness As Integer
'Usage
 
Dim instance As SharpenCommand
Dim value As Integer
 
instance.Sharpness = value
 
value = instance.Sharpness
public int Sharpness {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger sharpness
public int getSharpness()
public void setSharpness(int value)
            
 <br/>get_Sharpness();<br/>set_Sharpness(value);<br/>Object.defineProperty('Sharpness'); 
public:
property int Sharpness {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

シャープネスを変更する量。有効な値は、-1000~+1000です。負の値を指定すると画像のシャープネスが低くなります。シャープネスを最低限にするには、-1000を指定します。正の値を指定するとシャープネスが高くなります。シャープネスを最大限にするには、+1000を指定します。
サンプル
SharpenCommandを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

SharpenCommandクラス
SharpenCommandメンバ