LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Colorアセンブリ)

フレームを表示

AutoColorLevelCommandType列挙体








実行するレベル調整のタイプを識別する列挙体フラグ。
構文
public enum AutoColorLevelCommandType : System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
'Declaration
 
Public Enum AutoColorLevelCommandType 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As AutoColorLevelCommandType
public enum AutoColorLevelCommandType : System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
typedef NS_ENUM(NSInteger, LTAutoColorLevelCommandType)
public enum AutoColorLevelCommandType
Leadtools.ImageProcessing.Color.AutoColorLevelCommandType = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.Color.AutoColorLevelCommandType.prototype = {<br/>
  None = 0,
	Level = 1,
	Contrast = 2,
	Intensity = 3,
	
 };
public enum class AutoColorLevelCommandType : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0None 変更はありません。
1Level R、G、Bの各チャネルでレベリングを実施し、R、G、Bの各チャネルを別々のエンティティとして取り扱います。画像上にカラーキャストを導入します。
2Contrast Masterチャネル(ピクセルのグレースケール値)の上で、レベリングを実行します。導入されるカラーキャストはありません。

LEADTOOLSで広く使われている画像処理フィルタの速度を上げるために、カラー画像のグレースケール値(マスターチャネル)は、以下の手法を用いて計算されます:

            #define CalcGrayValue(r, g, b) ((L_UCHAR)(((L_UCHAR) (((2 * (L_UINT) (r)) + (5 * (L_UINT) (g)) + (L_UINT) (b) + 4) / 8))))
            #define CalcGrayValue16(r, g, b) ((L_UINT16) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
            #define CalcGrayValue32(r, g, b) ((L_UINT32) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
            
3Intensity RGBチャネル(R、GとBチャネルの合計)の上で、レベリングを実行します。導入されるカラーキャストはありません。
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.Color.AutoColorLevelCommandType

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.Color名前空間