LEADTOOLS GDI/GDI+(Leadtools.Drawingアセンブリ)

フレームを表示

RasterOperationプロパティ






ROP値を取得または設定します。
構文
public int RasterOperation {get; set;}
'Declaration
 
Public Property RasterOperation As Integer
'Usage
 
Dim instance As RasterPaintProperties
Dim value As Integer
 
instance.RasterOperation = value
 
value = instance.RasterOperation
public:
property int RasterOperation {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

ROP値を表す整数値。
解説

PaintEngineRasterPaintEngine.Gdi.に設定される時だけ、使われます

これらのコードは、imageのためのカラーデータが最終的なカラーを達成するためにどのようにデスティネーションSystem.Drawing.Graphicsのためにカラーデータと結合されることになっているかについて定めます。

以下のリストは、いくらかの一般のラスターオペレーションコードを示します:

説明
SourceCopy 直接ソース長方形をデスティネーション四角形へコピーします
SourcePaint ブールOR演算子を用いてソースとデスティネーション長方形の色を結合します
SourceAnd ブールAND演算子を用いてソースとデスティネーション長方形の色を結合します
SourceInvert ブールXOR演算子を用いてソースとデスティネーション長方形の色を結合します
SourceErase ブールAND演算子を用いてデスティネーション四角形の反転色をソース長方形の色と結合します
NotSourceCopy 反転ソース長方形をデスティネーションへコピーします
NotSourceErase ブールOR演算子を用いてソースとデスティネーション長方形の色を結合して、それから結果として生じるカラーを反転します
MergeCopy ブールAND演算子を用いて、hdcDestで現時点では選択されるブラシで、ソース長方形の色を結合します
MergePaint ブールOR演算子を用いてデスティネーション四角形の色で、反転ソース長方形の色を結合します
PatternCopy デスティネーションビットマップに、hdcDestで現時点では選択されるブラシをコピーします
PatternPaint ブールOR演算子を使用するに際して反転ソース長方形の色で、hdcDestで現時点では選択されるブラシの色を結合します。この操作の結果は、ブールOR演算子を用いてデスティネーション四角形の色と結合されます
PatternInvert ブールXORオペレーターを利用するに際してデスティネーション四角形の色で、hdcDestで現時点では選択されるブラシの色を結合します
DestinationInvert デスティネーション四角形を反転します
黒さ 物理的なパレットのインデックス0に関連づけられるカラーを用いてデスティネーション四角形を塗りつぶします。(このカラーはデフォルトの物理的なパレットのために黒いです)
サンプル
サンプルのために、参照しますRasterPaintProperties
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterPaintProperties構造体
RasterPaintPropertiesメンバ