LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

AddRoundRectangleToRegionメソッド








表示座標と画像座標の間で変換するために使用するRasterRegionXFormオブジェクト。このパラメーターでnullを指定するならば、スカラー場は1にデフォルトでなります、オフセットは0にデフォルトでなります、そして、ビューの視点と方向はimageビューの視点と方向にデフォルトでなります。
リージョンのバウンディング四角形を指定するLeadRect
ラウンドコーナーの円弧を説明する楕円の幅と高さを指定します。
定義されている場合、既存の画像リージョンに関して実施するアクション。
丸い長方形のリージョンを追加することによりimageリージョンを作成するか、更新します。
構文
'Declaration
 
Public Sub AddRoundRectangleToRegion( _
   ByVal xform As RasterRegionXForm, _
   ByVal rc As LeadRect, _
   ByVal ellipse As LeadSize, _
   ByVal combineMode As RasterRegionCombineMode _
) 
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim xform As RasterRegionXForm
Dim rc As LeadRect
Dim ellipse As LeadSize
Dim combineMode As RasterRegionCombineMode
 
instance.AddRoundRectangleToRegion(xform, rc, ellipse, combineMode)
public void addRoundRectangleToRegion(
  RasterRegionXForm xform, 
  LeadRect rc, 
  LeadPoint ellipse, 
  RasterRegionCombineMode combineMode
)
            
 function Leadtools.RasterImage.AddRoundRectangleToRegion( 
   xform ,
   rc ,
   ellipse ,
   combineMode 
)

パラメーター

xform
表示座標と画像座標の間で変換するために使用するRasterRegionXFormオブジェクト。このパラメーターでnullを指定するならば、スカラー場は1にデフォルトでなります、オフセットは0にデフォルトでなります、そして、ビューの視点と方向はimageビューの視点と方向にデフォルトでなります。
rc
リージョンのバウンディング四角形を指定するLeadRect
楕円
ラウンドコーナーの円弧を説明する楕円の幅と高さを指定します。
combineMode
定義されている場合、既存の画像リージョンに関して実施するアクション。
解説

既存のリージョンを更新するために、新しいリージョンがどのようにcombineModeパラメーターを用いて既存のものと結合されることになっているかについて指定します。詳細については、「RasterRegionCombineMode」を参照してください。

詳細については、「リージョンの作成」を参照してください。

詳細については、「リージョンの保存」を参照してください。

詳細については、「既存のリージョンの操作」を参照してください。

サンプル

このサンプルはimageをロードします ― それへの丸い長方形領域が付け加える ― ディスクへimageを保存する前に影響を受ける領域を示すために、InvertCommandを実行します。

Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.ImageProcessing
Imports Leadtools.ImageProcessing.Core
Imports Leadtools.ImageProcessing.Color
Imports Leadtools.Controls
Imports Leadtools.Dicom
Imports Leadtools.Drawing
Imports Leadtools.Svg

      
Public Sub AddRoundRectangleToRegionExample()
   Dim codecs As RasterCodecs = New RasterCodecs()
   Dim srcFileName As String = Path.Combine(LEAD_VARS.ImagesDir, "Image1.cmp")
   Dim destFileName As String = Path.Combine(LEAD_VARS.ImagesDir, "Image1_AddRoundRectangleToRegion.bmp")

   ' Load the image
   Dim image As RasterImage = codecs.Load(srcFileName)

   ' Add a round rectangle region

   Dim xform As RasterRegionXForm = New RasterRegionXForm()
   xform.ViewPerspective = RasterViewPerspective.TopLeft
   xform.XOffset = 0
   xform.YOffset = 0
   xform.XScalarDenominator = 1
   xform.XScalarNumerator = 1
   xform.YScalarDenominator = 1
   xform.YScalarNumerator = 1

   Dim rc As LeadRect = New LeadRect(image.ImageWidth \ 4, image.ImageHeight \ 4, image.ImageWidth \ 3, image.ImageHeight \ 3)
   Dim sz As LeadSize = New LeadSize(rc.Width \ 4, rc.Height \ 4)
   image.AddRoundRectangleToRegion(xform, rc, sz, RasterRegionCombineMode.Set)

   ' Draw something on the image
   Dim command As InvertCommand = New InvertCommand()
   command.Run(image)

   ' Save the image
   codecs.Save(image, destFileName, RasterImageFormat.Bmp, 24)

   image.Dispose()
   codecs.Dispose()
End Sub

Public NotInheritable Class LEAD_VARS
Public Const ImagesDir As String = "C:\Users\Public\Documents\LEADTOOLS Images"
End Class
using Leadtools;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.ImageProcessing;
using Leadtools.ImageProcessing.Core;
using Leadtools.ImageProcessing.Color;
using Leadtools.Dicom;
using Leadtools.Drawing;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Svg;

      
public void AddRoundRectangleToRegionExample()
{
   RasterCodecs codecs = new RasterCodecs();
   string srcFileName = Path.Combine(ImagesPath.Path, "Image1.cmp");
   string destFileName = Path.Combine(ImagesPath.Path, "Image1_AddRoundRectangleToRegion.bmp");

   // Load the image
   RasterImage image = codecs.Load(srcFileName);

   // Add a round rectangle region

   RasterRegionXForm xform = new RasterRegionXForm();
   xform.ViewPerspective = RasterViewPerspective.TopLeft;
   xform.XOffset = 0;
   xform.YOffset = 0;
   xform.XScalarDenominator = 1;
   xform.XScalarNumerator = 1;
   xform.YScalarDenominator = 1;
   xform.YScalarNumerator = 1;

   LeadRect rc = new LeadRect(image.ImageWidth / 4, image.ImageHeight / 4, image.ImageWidth / 3, image.ImageHeight / 3);
   LeadSize sz = new LeadSize(rc.Width / 4, rc.Height / 4);
   image.AddRoundRectangleToRegion(xform, rc, sz, RasterRegionCombineMode.Set);

   // Draw something on the image
   InvertCommand command = new InvertCommand();
   command.Run(image);

   // Save the image
   codecs.Save(image, destFileName, RasterImageFormat.Bmp, 24);

   image.Dispose();
   codecs.Dispose();
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ