LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Controls)

Leadtools.Controls名前空間

フレームを表示
継承階層
有効にされて、image操作ができるマルチタッチジェスチャである、インタラクティブ、クロスプラットフォームのHTML画像ビューワコントロールを作成するために、オブジェクトと関数を格納します。
クラス
 クラス説明
CanvasOptions HTML5キャンバス元素が作成されるとき、使うオプション。
ControlDropShadowOptions ドロップシャドウを提出するためのオプション。
ControlInertiaScrollOptions 慣性スクロールをサポートして使用するためのオプション。
ControlPadding ユーザーインターフェース(UI)要素に関連づけられるパディングまたはマージン情報を表します。
ControlRegionRenderer コントロールがリージョンの輪郭を描画するために使用。
ElementInsertionHelper ImageViewerでHTML要素ポインターイベントを制御するためのユーティリティクラス。
ImageViewer オプションのインタラクティブUI操作で一つ以上のラスターまたはSVGイメージを示すスクロール可能なコントロールを表します。
ImageViewerActiveItemInteractiveMode キーボードまたはマウス/タッチを用いてビューワで現在のアクティブな項目を変更することができます。
ImageViewerAutoPanInteractiveMode マウスまたはタッチがエッジの横にある場合、ビューを自動的にパンします。
ImageViewerCenterAtInteractiveMode ユーザーのマウスクリックまたはタッチによるタップに基づいて画像をビューワの中央に置きます(必要に応じてズームします)。
ImageViewerCreateOptions ImageViewerを作成するためのオプション
ImageViewerDragInteractiveMode マウスまたはタッチを使用して画像ビューワから画像およびフローターをドラッグします。
ImageViewerElementsModeCreateOptions ImageViewerを作成するとき、使う要素モードに特有の設定。
ImageViewerElementsUpdatedEventArgs ElementsUpdatedイベントのためのデータ。
ImageViewerHorizontalViewLayout 水平方向のビューレイアウトを定義します。
ImageViewerImageLoadingEventArgs image積載イベントのためのデータ。
ImageViewerInteractiveMode ImageViewerのリッチなユーザーエクスペリエンス機能の基本クラス。
ImageViewerInteractiveModes ImageViewerInteractiveModeのコレクションを定義します。
ImageViewerItem 画像データ、サイズおよび任意の追加変換を格納するImageViewer項目を表します。
ImageViewerItemChangedEventArgs ItemChangedイベントのためのデータ。
ImageViewerItemDragDropEventArgs ItemDragDropイベントのためのデータ。
ImageViewerItemErrorEventArgs ItemErrorイベントのためのデータ。
ImageViewerItems ImageViewer項目のコレクション。
ImageViewerMagnifyGlassInteractiveMode ビューワの上でimageの拡大されたバージョンを示します
ImageViewerNoneInteractiveMode アクションを持っていないImageViewerInteractiveModeの実装。
ImageViewerPagerInteractiveMode マウスまたはタッチを用いてアクティブな項目を変更します。
ImageViewerPanControl サポートをパンすることで外部のHTML5キャンバスエレメントにImageViewerの拡大縮小されたビューを示すことをサポートします。
ImageViewerPanZoomInteractiveMode インタラクティブパンとズームユーザーインターフェース機能性をImageViewerへ供給します。
ImageViewerRenderEventArgs 画像ビューワの描画に使用するデータを格納します。
ImageViewerRenderRedirectOptions ビューワの内容を外部コンテキストに描画するようリダイレクトするためのRenderRedirectで使用するためのオプション。
ImageViewerRubberBandEventArgs RubberBandStartedRubberBandDeltaRubberBandCompletedイベントのためにデータを格納します。
ImageViewerRubberBandInteractiveMode ビューワの上でシェイプを描画します。
ImageViewerSelectItemsInteractiveMode マウス、タッチまたはキーボードを用いて項目の選択を許可します。
ImageViewerSingleViewLayout 単一ビューレイアウトを定義します。
ImageViewerSpyGlassDrawImageEventArgs ImageViewerSpyGlassInteractiveMode.DrawImageイベントのためにイベントデータを格納します。
ImageViewerSpyGlassInteractiveMode ビューワ上でスパイグラスを描画してパンします。
ImageViewerVerticalViewLayout 垂直方向のビューレイアウトを定義します。
ImageViewerViewLayout ImageViewerレイアウトコントローラを定義します。
ImageViewerZoomAtInteractiveMode ユーザーのマウスコントロールまたはタッチタップの周りでビューワの中で画像をズームします。
ImageViewerZoomToInteractiveMode 画像上の四角形にズームします。
InteractiveDragCompletedEventArgs InteractiveService.DragCompletedイベントのためのデータを格納します。
InteractiveDragDeltaEventArgs InteractiveService.DragDeltaイベントのためのデータを格納します。
InteractiveDragStartedEventArgs InteractiveService.DragStartedイベントのためのデータを格納します。
InteractiveEventArgs すべての対話イベントのベースクラスを定義します。
InteractiveKeyEventArgs InteractiveService.KeyDownとInteractiveService.KeyUpイベントのためのデータを格納します。
InteractiveMultiTouchEventArgs すべてのマルチタッチインタラクティブイベントのために、ベースクラスを定義します。
InteractivePinchCompletedEventArgs

InteractiveService.PinchCompletedイベントのためのデータを格納します。

InteractivePinchDeltaEventArgs

InteractiveService.PinchDeltaイベントのためのデータを格納します。

InteractivePinchStartedEventArgs

InteractiveService.PinchStartedイベントのためのデータを格納します。

InteractiveService マウスを変換して、一般のユーザーインターフェース対話操作にイベントをタッチするために、サービスを定義します。
InterpolationEventArgs 補間イベントのためのデータ。
PropertyChangedEventArgs プロパティ変更イベントのためにイベントデータを格納します。
デリゲート
 delegate説明
ControlRegionRenderCallback リージョンの輪郭の描画をカスタマイズするために使用するコールバック。
列挙体
 列挙体説明
ControlAlignment 親要素の割り当てられたレイアウトスロットを基準として水平軸上のどこに要素を表示するかを示します。
ControlRegionRenderMode リージョン領域の輪郭線を提出する方法を決定します。
ControlScrollMode どのようにコントロールを表示してスクロールバーをしようするかを決定します。
ControlSizeMode コントロールでどのように画像を表示し、表示される四角形をどのように自動調節するかを決定します。
ControlTextTrimming レイアウトのシェイプに完全にフィットしない文字列からどのように文字を絞り込むかを指定します。
ImageViewerAutoItemMode 対話モードで項目を使う方法を指定します。
ImageViewerAutoResetOptions 画像がコントロールに設定されるときに、どの表示プロパティをリセットするのかを制御するオプションを指定します。
ImageViewerCoordinateType ポイントの座標系を定義します。
ImageViewerDragTargetMode ImageViewerDragInteractiveModeによって許可するドラッグターゲットを指定します
ImageViewerItemChangedReason 項目がImageViewerで変更された理由を説明します
ImageViewerItemDragDropOperation 現在のドラッグ/ドロップ操作。
ImageViewerItemPart ImageViewerで項目の一部を定義します。
ImageViewerRubberBandShape rubberband対話モードにより用いられるシェイプ。
ImageViewerSelectionMode 選択モードを定義します。
ImageViewerSpyGlassCrosshair スパイガラスの十字線型を指定します。
ImageViewerSpyGlassShape ImageViewerSpyGlassInteractiveModeスパイガラスのシェイプを指定します。
InteractiveDirection ドラッグ方向を示します。
InterpolationMode LEADTOOLSによる補間モードサポート。
InterpolationRunMode なんて、補間は複数ページのためにアクティブなとき、実行されるでしょう。
InterpolationStatus 現在の補間ステータス。
Keys キーコードを指定します。
MouseButtons マウスボタンを指定します。
参照

参照

Leadtools.Controlsライブラリ