LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Controls)

ResizeOnTransformプロパティ(ImageViewerItem)

フレームを表示
当時の項目が変形されるとき、項目の大きさが変更しなければならないかどうか示します。
構文
get_resizeOnTransform();
set_resizeOnTransform(value);
Object.defineProperty('resizeOnTransform');

属性値

説明
ブーリアンそうでない場合、項目が変形されるとき項目の大きさがそうするならば、true;false。デフォルト値はtrueです
解説

変換が項目の大きさが変更される原因になるかもしれないとき、たとえば、イメージサイズが100×200ピクセルである、そして、賢い90度クロックでそれを回転させるならば、新しいイメージサイズは200×100ピクセルであるでしょう。ResizeOnTransformの値がtrueであるならば、項目の大きさ(サイズ)はこの新しい値で自動的に更新されます。値がfalseであるならば、項目の大きさはそれを更新しません。以下は、2つの場合の違いを示します:

ResizeOnTransformfalseに設定されるならば、ClipImageToContentはコンテンツ領域の外でimageをクリップする方法を決定します。

詳細については、「画像ビューワの項目と画像ビューワ外観」を参照してください。

参照

参照

ImageViewerItemオブジェクト。
ImageViewerItemメンバ