LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Controls)

ImageViewerオブジェクト。

フレームを表示
プロパティ  メソッド  イベント


以下の表は、ImageViewerによって公開されるメンバを示します。

パブリックコンストラクタ
 名前説明
ImageViewer Constructor新しいImageViewerを初期化します  
パブリックプロパティ
 名前説明
ActiveItemこの画像ビューワのアクティブ項目。  
ActiveItemBackgroundColorアクティブ項目背景色。  
ActiveItemBorderColorアクティブ項目境界線の色。  
AllowDropビューワがユーザーがそれの上へドラッグするデータを受け取ることができるかどうか示します。  
AspectRatioCorrection手動のアスペクト比補正値  
AutoCreateCanvasimageが更新されるとき、自動的にHTML5キャンバスエレメントを作成するべきかどうか示します。  
AutoResetOptions新しいimageがビューワ(単一の項目モード)に設定されるとき、どのディスプレイプロパティをリセットするべきか決定します。  
AutoScrollDiv自動は、HTML div要素をスクロールします。  
BackImageビューワ(単一の項目モード)で示されるオプションの背景要素。  
BackImageLoadImageUrlModeこの項目がURL(単一の項目モード)を提供されるとき、imageがどのようにロードされなければならないかについて指定します  
BackImageUrlビューワ(単一の項目モード)で示されるものへのオプションの背景画像へのURL。  
Canvasビューワ(単一の項目モード)で示されるHTML5キャンバスエレメント。  
ClipImageToContentResizeOnTransformがfalseに設定されるとき画像をコンテンツ領域の外側でクリップするかどうかを示します。  
ControlSizeサイズを制御します。  
DefaultInteractiveModeデフォルトの対話モード。  
DefaultZoomOrigin現在の水平および垂直方向の配置に対するデフォルトのズーム原点(コントロール座標)。  
DropCopyKeyStateコピードロップ操作を開始する際に使用する修飾キー  
DropLinkKeyStateリンクドロップ操作を開始する際に使用する修飾キー  
DropMoveKeyState移動ドロップ操作を開始する際に使用する修飾キー  
ElementHTMLまたはビューワ(単一の項目モード)で示されるSVGエレメント。  
EnableRequestAnimationFrameimageを提出するとき、ImageViewerがHTML5requestAnimationFrameを使用しなければならないかどうか示します。  
EraseBackgroundOnInvalidateImageViewerがレンダリングの前に前景キャンバスをクリアするかどうか示します。  
EventCanvas背景HTML5キャンバス元素。  
Flip垂直にビューを上下に反転します。  
FlipImageElement境界なしで垂直にimageを上下に反転します。  
Floaterフローターimage(単一の項目モード)。  
FloaterOpacityこのImageViewerでフローターを描画する際に使用する不透明度。  
FloaterRegionRenderModeフローターリージョンがどのように提出されるかについて示します。  
FloaterTransformフローターimage(単一の項目モード)により用いられる変換行列。  
ForeCanvas前景HTML5キャンバス元素。  
HasImageビューワがimage(単一の項目モード)を現時点では持っているかどうかについて示す値を取得します。  
HasItemsこのビューワが任意の項目を持っているかどうかについて示す値を取得します。  
HasSizeControlSizeは、有効なサイズを持っていますかどうか。  
HitTestStateInteractiveMode現時点ではヒット-テスト状態であるImageViewerInteractiveMode。  
HoveredItemBackgroundColorマウスを置いた項目背景色。  
HoveredItemBorderColorアイテムの境界線色にマウスを重ねます。  
IdleInteractiveMode現時点では最初のアイドルモードの働きをしているImageViewerInteractiveMode。  
Imageビューワ(単一の項目モード)で示されるHTML画像要素。  
ImageBackgroundColorイメージ背景色。  
ImageBorderColorイメージは、カラーに接しています。  
ImageBorderThicknessイメージは、厚みに接しています。  
ImageBoundsビューワ(単一の項目モード)のimageの物理的なpositionとサイズ。  
ImageDropShadowイメージは、シャドウプロパティをドロップします  
ImageHorizontalAlignment水平に項目の中にイメージを位置合わせする方法を指定します。  
ImageProcessingLibrariesPath画像処理ライブラリスクリプトファイルへのパス。  
ImageRegionRenderModeimageリージョンがどのように提出されるかについて示します。  
ImageResolutionimage(単一の項目モード)の点/インチ(またはDPI)の解像度。  
ImageScale像(単一の項目モード)を描くとき、使うオプションのscale値。  
ImagesDiv内部的には、埋め込まれたイメージでSVGドキュメントをロードするために使われます。  
ImageSizeビューワ(単一の項目モード)のimageのサイズ。  
ImageTransformimage(単一の項目モード)を示すために使われる現在の変換行列。  
ImageUrlビューワ(単一の項目モード)で示されるものへのimageへのURL。  
ImageVerticalAlignment垂直に項目の中にイメージを位置合わせする方法を指定します。  
InteractiveModesこのImageViewerの対話モードのリスト。  
InteractiveServiceこのビューワコントロール用のInteractiveService。  
InterpolationModeこのImageViewerにより用いられる補間モード。  
InterpolationRunModeこのImageViewerにより用いられる補間ランモード。  
Invert項目イメージを反転するべきかどうか示します。  
IsRenderRedirected現在のレンダリング操作がコントロール自体よりはむしろ外部デバイスを目標としているかどうかについて示す値を取得します。  
IsTransitionsEnabled画像ビューワがCSSトランジション検出が有効にされる状態であるかどうか検出します。  
ItemBackgroundColorデフォルトアイテムの背景色。  
ItemBorderColorデフォルトアイテムの境界色。  
ItemBorderThickness項目は、厚みに接しています。  
ItemHorizontalAlignment水平にビューの中に項目を位置合わせする方法を指定します。  
ItemMarginビューと項目の間で使用するマージン。  
ItemPadding項目の境界線と内容の間に使用するパディング。  
ItemsこのImageViewerの項目のcolletion  
ItemSizeデフォルトの項目の大きさ。  
ItemSizeModeイメージがどのように項目の中に示されるかについて示します。  
ItemSpacing隣接する項目間で使用するスペーシング。  
ItemTextColorデフォルトアイテムのテキスト色。  
ItemTextFont項目テキストフォント。  
ItemTextTrimmingアイテムのテキストをトリミングするオプション。  
ItemTextWrap項目テキストが、必要に応じて次の行に自動折り返ししなければならないかどうかを示します。  
ItemVerticalAlignmentビューの内側でアイテムを垂直方向に配置する方法を指定します。  
LoadImageUrlModeこの項目がURL(単一の項目モード)を提供されるとき、imageがどのようにロードされなければならないかについて指定します  
MainDiv主なHTML div要素。  
MaximumScaleFactorMaximumは、許可する要因を拡大縮小します。  
MaximumScrollSize許可する現在の最大のスクロールサイズ。  
MinimumScaleFactor許可する最小限の倍率。  
OwnerDrawコントロールがビューと項目を自動的に提出するかどうか示します。  
PassthroughDivポインターイベントキャプチャで援助のために使われるHTML div要素。  
ResizeOnTransform項目が変形されるとき、ビューワがスクロール領域のサイズを変更しなければならないかどうか示します。  
RestrictScroll最大範囲を超える画像のスクロールまたはパンが許可されるかどうかを示します。  
Reverse水平にビューを翻します。  
ReverseImageElement境界なしで水平にimageを翻します。  
RotateAngleビューを示すとき、使う回転角の値。  
ScaleFactorビューディスプレイのための倍率の値。  
ScreenDpiドット/インチ(またはDPI)の現在の画面解像度。  
ScrollMode現在の変換がコントロールより大きい表示領域に終わるとき、コントロールがどのようにスクロールバーを処理するか決定します。  
ScrollOffsetスクロールは、値をオフセットしました。  
SelectedItemBackgroundColor選択した項目の背景色。  
SelectedItemBorderColor選択した項目の境界色。  
SelectedItemTextColor選択した項目のテキスト色。  
SizeModeコントロールがどのようにビューを示して、自動的に表示を調節するか決定する値を取得します。  
Tagコントロールについてデータを格納するObject。  
TextHorizontalAlignment水平に項目の中にテキストを位置合わせする方法を指定します。  
TextVerticalAlignment垂直に項目の中にテキストを位置合わせする方法を指定します。  
UpdateShadowOnRotation各項目のボックス-シャドウプロパティのためにCSS値を更新することが要素に接しているかどうか示します。  
UseDpi表示プロパティを計算する際に画像の物理的な解像度をコントロールで考慮すべきかどうかを示します。  
UseElementsビューワが要素Modeを使っているかどうか調べます。  
ViewBorderColor境界線の色を表示します。  
ViewBorderThicknessビューは、厚みに接しています。  
ViewBounds現在の表示領域。  
ViewDiv項目要素を保持して、ビューワのビューマージン、ビューパディング、ビュー境界とビューボックスシャドウを示します。  
ViewDivHolder画像ビューワImageViewer.ViewDiv.の親  
ViewDropShadowビュードロップシャドウプロパティ  
ViewHorizontalAlignment水平にコントロールの中にビューを位置合わせする方法を指定します。  
ViewLayoutこのImageViewerにより用いられるレイアウトを表示します。  
ViewMarginコントロール境界とビューの間で使用するマージン。  
ViewPaddingビュー境界と項目の間で使用するパディング。  
ViewSizeピクセル単位で現在のビューサイズ。  
ViewTransformビューの現在の変換行列。  
ViewVerticalAlignment垂直にコントロールの中にビューを位置合わせする方法を指定します。  
WorkingInteractiveMode入力イベント(操作中の)を現時点では処理しているImageViewerInteractiveMode。  
XScaleFactorビュー表示のための水平倍率の値。  
YScaleFactorビュー表示のための垂直倍率の値。  
プロテクトプロパティ
 名前説明
CanRenderImageViewerが、コントロールのプロパティまたは項目に対して変更を行うときに内容を描画するかどうかを示す値を取得します。  
CanTransformImageViewerが変換行列を変更するかどうか、およびコントロールのプロパティまたは項目に変更を行うときにレイアウトを表示するかどうかを示す値を取得します。  
パブリックメソッド
 名前説明
BeginAutoSizeChangedビューワサイズが変更したかどうかについて検出することを無効にします。  
BeginRender変更が適用された場合に内容が描画されないようにします。これはコントロールの速度効率を向上させるために役立ちます。  
BeginTransformビューワが変換行列やビューのレイアウトを更新しないようにします。これはコントロールの速度効率を向上させるために役立ちます。  
BeginUpdate変更が適用される場合、変換行列やビューレイアウトが更新されないようにし、内容が描画されないようにします。これはコントロールの速度効率を向上させるために役立ちます。  
CenterAtPoint指定点におけるビューの表示を中央にします。  
CombineFloaterこのImageViewerの中にすべての項目のためにフローターをイメージと結合します  
ConvertBoundsToView四角形を論理値(現在の変換は除く)から物理値(コントロールのピクセル座標)に変換します。  
ConvertPoint1つの座標から他にLeadPointDを変換します。  
ConvertPoints1つの座標から他にLeadPointDの配列を変換します。  
ConvertRect1つの座標から他にLeadRectDを変換します。  
ConvertTransformもう一つに1つの項目と比較して変換行列を変換します。  
DisableTransitionsCSSトランジションの間、変換マトリックスとビューレイアウトを更新することから、ビューワを停止します。  
DisposeこのImageViewerを破壊して、ページからそれを削除します。  
EnableTransitions変換マトリックスをアップデートすることを可能にして、CSSトランジションの間、レイアウトを表示します。  
EndAutoSizeChangedビューワサイズが変更したかどうかについて検出することを可能にします。  
EndRender更新が完了し、内容の描画を再開できるとビューワに伝えます。  
EndTransform更新が完了し、変換とビューのレイアウトの更新を再開できるとビューワに伝えます。  
EndUpdate更新が完了し、変換行列とビューのレイアウトの更新および内容の描画を再開できるとビューワに伝えます。  
EnsureBoundsVisible指定された長方形領域がビューワで見えることを確実にします。  
EnsureItemVisible項目がビューワで見えることを確実にします。  
EnsureItemVisibleByIndex指定されたインデックスにおいて項目がビューワ内に表示されるようにします。  
GetDestinationRectangle変換元のサイズ、サイズモードおよび配置に基づいて任意のLeadRectDを調整するためのユーティリティメソッド。  
GetFirstVisibleItemビューワにおける最初の表示項目またはその一部。  
GetFirstVisibleItemIndexビューワにおける最初の表示項目またはその一部のインデックス。  
GetImageTransformWithDpiDPIスケーリングを使用した場合と使用しない場合の画像の変換行列(単一項目モード)。  
GetItemBoundsアイテムの任意の部分の現在の論理的(現在の変換を除外する)境界。  
GetItemContentTransform項目のコンテンツの変換行列。  
GetItemFloaterSize項目のフローターイメージサイズ。  
GetItemFloaterTransform項目のフローターの変換行列。  
GetItemImageFloatingPointTransform丸い値のない項目のimageの変換行列。  
GetItemImageSize項目のイメージサイズ。  
GetItemImageTransform項目のimageの変換行列。  
GetItemImageTransformWithDpiDPIスケーリングの有無にかかわらない項目のimageの変換行列。  
GetItemTransform全部の項目の変換行列。  
GetItemViewBoundsアイテムのいずれかの部分の現在の物理領域(コントロールのピクセル座標において)。  
GetLargestVisibleItemビューワの最大表示項目またはその一部。  
GetLargestVisibleItemIndexビューワの最も大きいもの表示項目またはその一部のインデックス。  
GetLastVisibleItemビューワの最後表示項目またはその一部。  
GetLastVisibleItemIndexビューワの最後表示項目またはその一部のインデックス。  
GetScaleFactors変換元と変換先のサイズを使って特殊なサイズモードを実行するために必要な倍率を計算するためのユーティリティメソッド。  
GetViewBounds物理的な(コントロールピクセルで)座標のビューの現在の境界  
GotoItem左上まで項目をスクロールします。  
GotoItemByIndexインデックスを与える項目の左上までスクロールします。  
HitTestFloater浮動小数点が物理座標(ビューワのピクセルにおいて)下にある最初の項目。  
HitTestItem物理座標(ビューワのピクセルにおいて)下にある最初の項目。  
HitTestItemPart物理座標(ビューワのピクセルにおいて)下にある項目の特殊部分。  
HitTestItems物理的な(ビューワピクセルで)座標で長方形で交差する項目。  
Invalidateコントロールの表面全体の一部を無効にして、コントロールが再描画されるようにします。  
InvalidateItem項目を無効にします。  
InvalidateItemByIndex指定されたインデックスで項目を無効にします。  
IsItemVisible指定された項目か一部がビューワで現時点では見えるかどうかについて示す値を取得します。  
OnSizeChangedコンテナのサイズが変更したコントロールに知らせます。  
OnTransformChangedOnTransformChangedイベントを発生させます。  
RenderRedirect外部のコンテキストにビューワのコンテンツを与えます。  
Resetデフォルト値(単一の項目モード)まで、ディスプレイプロパティをリセットします。  
RestrictScrollOffsetスクロール位置が、現在許可されているスクロールの最大値と最小値の間に収まるようにします。  
ScrollByピクセル単位で指定された量だけビューワをスクロールします。  
ScrollByRestrict常に値を現在許可されている最大値と最小値に制限した状態で、特定のピクセル量だけビューワをスクロールします。  
TranslateItemScaleFactor現在のズーム値に関わらず、項目を任意のピクセル量だけ水平方向または垂直方向に平行移動します。  
UpdateStylesクラスが使ったCSSが変更されたことを視聴者に知らせます。  
UpdateTransform変換行列を再計算し、ビューレイアウトを更新します。  
Zoomビューのサイズモードを拡大縮小するか変更します。  
ZoomToRect指定された長方形にビューをズームします。  
プロテクトメソッド
 名前説明
GetItemImageTransformScaleOnly水平移動および回転を伴わない項目の画像の変換行列。  
OnActiveItemChangedActiveItemChangedイベントを発生させます。  
OnAutoItemElementsAddedAutoItemElementsAddedイベントを発生させます。  
OnAutoItemElementsRemovedAutoItemElementsRemovedイベントを発生させます。  
OnElementsUpdatedElementsUpdatedイベントを発生させます。  
OnEraseBackgroundEraseBackgroundイベントを発生させます。  
OnForeCanvasSizeChangedForeCanvasSizeChangedイベントを発生させます。  
OnItemChangedItemChangedイベントを発生させます。  
OnItemDragDropItemDragDropイベントを発生させます。  
OnItemErrorItemErrorイベントを発生させます。  
OnPostRenderPostRenderイベントを発生させます。  
OnPostRenderItemPostRenderItemイベントを発生させます。  
OnPreRenderPreRenderイベントを発生させます。  
OnPreRenderItemPreRenderItemイベントを発生させます。  
OnPropertyChangedPropertyChangedイベントを発生させます。  
OnRedirectRenderRedirectRenderイベントを発生させます。  
OnRenderレンダリングイベントを発生させます。  
OnRenderBackgroundRenderBackgroundイベントを発生させます。  
OnRenderBorderRenderBorderイベントを発生させます。  
OnRenderErrorRenderErrorイベントを発生させます。  
OnRenderImageRenderImageイベントを発生させます。  
OnRenderItemRenderItemイベントを発生させます。  
OnRenderItemFloaterRenderItemFloaterイベントを発生させます。  
OnRenderItemFloaterRegionRenderItemFloaterRegionイベントを発生させます。  
OnRenderItemRegionRenderItemRegionイベントを発生させます。  
OnRenderShadowRenderShadowイベントを発生させます。  
OnRenderTextRenderTextイベントを発生させます。  
OnScrollOffsetChangedScrollOffsetChangedイベントを発生させます。  
OnSelectedItemsChangedSelectedItemsChangedイベントを発生させます。  
ProcessDragDropUrlドラッグ/ドロップ操作の最中にこのImageViewerにドロップされる画像を処理します。  
パブリックイベント
 名前説明
ActiveItemChangedActiveItemの値が変わると、発生します。  
AutoItemElementsAdded項目の後、HTML要素がDOMに再び追加されることを思いつきます。  
AutoItemElementsRemoved項目のHTML要素がDOMから再削除される前に発生します。  
ElementsUpdatedビューワがビューまたは任意の項目の一部である要素で任意のDOMまたはCSSプロパティを変更する時はいつでも、発生します  
EraseBackgroundコントロールの背景が消去される必要があるとき、発生します。  
ForeCanvasSizeChanged前景キャンバスのサイズが変わると、発生します。  
ImageLoadingimageがURL最新版の結果としてロードを開始する直前に、発生します。  
Interpolation補間回路状態が変わると、発生します。  
ItemChangedこのImageViewerの内側の項目のどれでも変更するとき、発生します  
ItemDragDropデータがこのImageViewerにドラッグやドロップをしたりされたりしているときに発生します。  
ItemErrorビューワが項目画像データを更新しようとするときにエラーが起きると発生します。  
PostRenderビューが提出されたあと、発生します。  
PostRenderItem項目が提出されたあと、発生します。  
PreRenderビューが提出される前に、発生します。  
PreRenderItem項目が提出される前に、発生します。  
PropertyChangedこのImageViewerchangesで属性値とき、発生します。  
RedirectRenderビューワの内容が変更され、リアルタイムのキャプチャを実行する外部のコントロールを更新する必要がある場合に発生します。  
Renderビューを提出します。  
RenderBackgroundビューまたは項目背景を提出します。  
RenderBorderビューまたは項目境界を提出します。  
RenderError描画の最中にエラーが起きると発生します。  
RenderImage項目にimageを与えます。  
RenderItem項目が提出されるとき、発生します。  
RenderItemFloater項目フローターを提出します。  
RenderItemFloaterRegion項目にフローターリージョンを与えます。  
RenderItemRegion項目にリージョンを与えます。  
RenderShadowビューまたは項目またはドロップシャドウを提出します。  
RenderText項目にテキストを与えます。  
ScrollOffsetChangedScrollOffsetの値が変わると、発生します。  
SelectedItemsChangedこのビューワ内のいずれかの項目の選択状態に変更があると発生します。  
TransformChangedビューワやいずれかの項目の変換行列に変更があると発生します。  
参照

参照

ImageViewerオブジェクト。
Leadtools.Controls名前空間